カテゴリー「学校」の3件の記事

2016/02/10

太陽暦に「月」は要るのか?

一年は52週間と1または2日

現代に約30日の長さの月を使い続ける利点がわからない。
週を単位に生活し、年毎の変動をなくしたら楽になるのではないか。

 

経緯

  旧正月。太陰暦と太陰太陽暦は月の暦だから、月を期間として日常使うのは当然。   だが、太陽暦にまで「月」は要るんだろうか? 月を使っているがために苦労を背負い込む場面が多くて、気になる。曰く

 

       
  1. 職場にて:       
    • 二月は短いから急いで
    • 今月は給料日が日曜だから
    • 期末が金曜だから
    • あーあ、新年度が始まったと思ったら次の日は休みだ       
       
  2. 学校にて:       
    • 今学期は終業式が月曜でもったいない
    • 金曜が始業式なんて
    • 今年は2/1が日曜だから、A校とB校を併願できる       
     

  太陰太陽暦なら月の長さは29か30日に決まっているが、ローマ暦は28-31日と振幅を拡げられたまま現代まで来ていて、それに振り回されている。

 

現代の生活

  現代の生活は、週を基本としていて、月に依存して動いている部分をあまり思いつかない。
  日本では給料や家賃が月払いで月賦が一般的だけれど、それは適当な数の週を単位とすれば充分ではないか?
  口座引落が広く使われているので、月給が週給になり月家賃が週家賃になっても、金融機関以外には困るところはあまりなさそうに思える。

  経済が (四半期) 三箇月を単位として動いているところはある。それは扱いやすい長さなんだろう。そこは、13週を使えばちょうどよさそうに思える。  

  
    1 quarter * 13 week = 52 week = 364 day
  

    年によって1, 2日の余りがあってもいいだろう。

 

どう使うか

  では、どのように暦を使うか。

毎年同じ曜日から始まり、年末に平年は1日、閏年は2日の特別な休みがあるようにすればよいのではないだろうか。
  どの曜日から始めるかが争いの元になりそうではあるが、どの宗教でも安息日でない日に始めるのでは?

いや、宗教上は曜日が必要で、それを変えることには抵抗もあるだろう。
  7日周期の週は現代人の生活に根差しているから、宗教週とは独立に番号で生活週の曜日をきめれば、異なる宗教の間で公平に思える。

週を基本にするなら、年は第1週1曜日から始まり、first quarterが第13週7曜日まで、second quarterが第14週1曜日から始まり...年末は第52週7曜日の後に、1か2日の特別休日がある。

 

学事暦

  そう決めれば、学校の暦は楽になりそうだ。例えば、毎学期1曜に始まって5曜に終る。
  祝日問題は別にあるが、それとて学校では月ではなく週に依存する部分が問題なのだから、毎年同じ1曜が祝日と決まっていた方が、扱いやすいのではないか?

 

困るところ

  月日で決まっている祝日の行先には困るだろう。  
  だが、年の初めは太陽暦を採用しているRoman Catholicに合せるのが現代世界の現実との齟齬が小さくなりそうだ。

日本では、例えば建国記念日は2/11だったのだから、年の42日目、つまり第6週7曜に読み替えれば問題なさそうだ。

 

結局

  ....と、現代でも月 (month) を使っているのは、昔の暦へのNostalgia以上のものでないと思えて仕方ないのだが、どうだろうか。

追記

(2016/02/11)

こういう記事があった:

月をやめよう

生活週を導入して宗教週と分けようという発想は、この記事にはなかった。

 週はどうでしょうか2001年1月1日は月曜日でした。2002年1月1日は火曜日です。毎年の新年が第一日が同じ曜日になるように考えた人もいますが、52週=364日となり、その場合は「曜日のない日」か「うるう曜」を1年に1日ないしは2日作らなければならないので、現実的ではありません。これは慣習として使い続けなければならないでしょう。  改暦によって同じ日が別の日付になったことはありますが、七曜は一度もその順が変わったことはありません。

2012/03/01

蚕の飼育と鶏の孵卵

小学校時代、理科で蚕を飼った。三年生くらいだったと思うが、校庭の桑の木から葉を取ってきて、各組の教室で育て、菓子の空箱に繭を作らせた。成虫が羽化し、夏休み前に卵も産みつけた。それを冷蔵保存すれば翌年また孵化せられるということだったが、冷蔵しなかった卵は、秋になっても負荷しなかった。 ずっと後年になるまで、それは日本の小学校の当り前の光景だと思っていた。一年生の朝顔が日本全国で可能なのか確かめていないが、それと同程度には広い範囲で。 しかし、同じ東京出身でも蚕を飼ったことのない人にしか会うことがなく、稀な経験だったのを知った。 今、出身小学校のサイトを見ると、

22年6月
3年生の教室では、カイコを飼育しています。
黒い小さな幼虫が成長して、白くなりました。
休み時間には大人気!
男の子も女の子も手に乗せて可愛がっています。
毎日、校庭の桑の木から新鮮な葉を取ってきてあげています。

と今も蚕を飼育しているようだ。元々桑畑だったところに小学校を作り (戦後 8 年で開校)、校庭に桑の木があったからできたことだったか。 一方、五六年生の時には、鶏の卵を孵卵器で孵した。トラブルにも見舞われたが、無事に孵った雛がいたのを覚えている。 これも、一般的な体験ではなかったのだろうか? 牛乳瓶におが屑を詰めて、榎茸を生やそうとしたこともあった。これはほとんど失敗したので、子供心に「一般的なことではないのだろうな」と思ったものだ。 蚕は土地柄だったとして、あとの二つは、理科の先生が積極的だったから経験できたことだったろうか?

2012/02/01

社会科見学

子供の学校では、昨年度まで近所の食品工場を見学していたが、その工場は昨年度でラインを止めた。小規模工場だったので、大規模なところに集約されたのだそうだ。
一年上の先輩からその情報を聞いたので、昨年度の内にその工場を見学することができたのだが、今年度はどこに行くのだろうかと、いろいろ推測していた。

結果は、電車の検車区であった。
学校から歩いては行けないのだが、電車で行くのは難しくはない。
事前にどんな質問をしたらよいかを議論し、答を聞いて帰って来た。今は長い列車ばかりだが、昔は五輛のものもあった由。
車輛の洗滌設備も見せてもらい、その印象が強かったようだ。
電車の絵入りの鉛筆と消しゴムを頂いて、大喜びで帰って来た。

食品工場は一般でも見学できたが、検車区は数少ない一般公開日に大混雑の中を見るしかないと思う。子供は両方見学できて、結局幸運であったようだ。