カテゴリー「暦」の4件の記事

2016/02/10

太陽暦に「月」は要るのか?

一年は52週間と1または2日

現代に約30日の長さの月を使い続ける利点がわからない。
週を単位に生活し、年毎の変動をなくしたら楽になるのではないか。

 

経緯

  旧正月。太陰暦と太陰太陽暦は月の暦だから、月を期間として日常使うのは当然。   だが、太陽暦にまで「月」は要るんだろうか? 月を使っているがために苦労を背負い込む場面が多くて、気になる。曰く

 

       
  1. 職場にて:       
    • 二月は短いから急いで
    • 今月は給料日が日曜だから
    • 期末が金曜だから
    • あーあ、新年度が始まったと思ったら次の日は休みだ       
       
  2. 学校にて:       
    • 今学期は終業式が月曜でもったいない
    • 金曜が始業式なんて
    • 今年は2/1が日曜だから、A校とB校を併願できる       
     

  太陰太陽暦なら月の長さは29か30日に決まっているが、ローマ暦は28-31日と振幅を拡げられたまま現代まで来ていて、それに振り回されている。

 

現代の生活

  現代の生活は、週を基本としていて、月に依存して動いている部分をあまり思いつかない。
  日本では給料や家賃が月払いで月賦が一般的だけれど、それは適当な数の週を単位とすれば充分ではないか?
  口座引落が広く使われているので、月給が週給になり月家賃が週家賃になっても、金融機関以外には困るところはあまりなさそうに思える。

  経済が (四半期) 三箇月を単位として動いているところはある。それは扱いやすい長さなんだろう。そこは、13週を使えばちょうどよさそうに思える。  

  
    1 quarter * 13 week = 52 week = 364 day
  

    年によって1, 2日の余りがあってもいいだろう。

 

どう使うか

  では、どのように暦を使うか。

毎年同じ曜日から始まり、年末に平年は1日、閏年は2日の特別な休みがあるようにすればよいのではないだろうか。
  どの曜日から始めるかが争いの元になりそうではあるが、どの宗教でも安息日でない日に始めるのでは?

いや、宗教上は曜日が必要で、それを変えることには抵抗もあるだろう。
  7日周期の週は現代人の生活に根差しているから、宗教週とは独立に番号で生活週の曜日をきめれば、異なる宗教の間で公平に思える。

週を基本にするなら、年は第1週1曜日から始まり、first quarterが第13週7曜日まで、second quarterが第14週1曜日から始まり...年末は第52週7曜日の後に、1か2日の特別休日がある。

 

学事暦

  そう決めれば、学校の暦は楽になりそうだ。例えば、毎学期1曜に始まって5曜に終る。
  祝日問題は別にあるが、それとて学校では月ではなく週に依存する部分が問題なのだから、毎年同じ1曜が祝日と決まっていた方が、扱いやすいのではないか?

 

困るところ

  月日で決まっている祝日の行先には困るだろう。  
  だが、年の初めは太陽暦を採用しているRoman Catholicに合せるのが現代世界の現実との齟齬が小さくなりそうだ。

日本では、例えば建国記念日は2/11だったのだから、年の42日目、つまり第6週7曜に読み替えれば問題なさそうだ。

 

結局

  ....と、現代でも月 (month) を使っているのは、昔の暦へのNostalgia以上のものでないと思えて仕方ないのだが、どうだろうか。

追記

(2016/02/11)

こういう記事があった:

月をやめよう

生活週を導入して宗教週と分けようという発想は、この記事にはなかった。

 週はどうでしょうか2001年1月1日は月曜日でした。2002年1月1日は火曜日です。毎年の新年が第一日が同じ曜日になるように考えた人もいますが、52週=364日となり、その場合は「曜日のない日」か「うるう曜」を1年に1日ないしは2日作らなければならないので、現実的ではありません。これは慣習として使い続けなければならないでしょう。  改暦によって同じ日が別の日付になったことはありますが、七曜は一度もその順が変わったことはありません。

2013/10/21

元号と旧暦と干支

学校の新入児検診を担当した友人が、「平成 20 年生まれの子供が来た!」という驚きを書いていた。

しかしそれを見て、私はまず「平成 20 年」とはどんな年なのかを考える必要があった。2008 年だと換算し、それを自分の子供の年齢と比較し、検診に来るのは五歳児なのだから当然五年前に生まれた早生まれの子供も来るな、と「理解」したのだった。

書いた友人は、この仕事で学校と関わりがあるので、「平成 20 年」というのがどんな年かが直観的にわかり、20 年代生まれの子が小学生になることが感慨深かったに違いないのだが、そこを共有することが難しかった。

私も、自分が学生であった時までは、元号を認識できていた。平成になったのも学生の内であったし。しかし、仕事をするようになり、すっかり縁遠くなってしまった。

 

そんなことを考えていて思い出したのが、自分の干支のこと。

私は西暦で辰年生まれだとずっと思ってきたのだが、和暦いわゆる旧暦を意識するようになり、そこに疑問を持つようになった。誕生日は西暦の 1 29 日。それは旧正月より前であることも多い。

では、自分が生まれた年はどうだったかと調べた。果して、その年の西暦 1/29 は、和暦では前年の師走十五日であった。干支を西暦年に結びついたものと考えるのは、牽強付会に感ずる。

四十数年間、自分は辰年生まれだと信じていたのだが、卯年生まれであったようだ。

2012/01/25

和暦正月

少し前から、和暦を意識するようになった。1/23 は春節だったが、和暦でも元日である。
中国の時憲暦と日本の (現行の) 天保暦には差があるようだが、太陰太陽暦であることは共通だから、大晦日は文字通り晦日で元日は新月、暗い夜で迎えることには変りはない。逆に小正月や盂蘭盆は、満月の行事だったのだな、と思う。おわら風の盆は、現代では九月の一日から三日に行われているそうだから、これも本来暗い夜の行事ではないかと想像しているが、裏付けられていない。

さて、今年の和暦正月は早かった。弥生に閏月が待っているから、一箇月の変動幅の中で、最も早い方に属するだろう。
一月下旬が誕生日の私は、今年であれば新年の生まれということになる。今まで、新年生まれのつもりで干支は甲辰だと思っていたが、暦を調べてみると、実は自分が生まれたのは癸卯年の暮であった。日常生活はもちろん西暦で送っている訳だが、干支を西暦で考えるのには少々引っ掛かるものを感じている。

2012/01/20

ダイヤモンド富士のはずが

今日は、勤務地からダイヤモンド富士の見える日である。

日没 (正確には富士山頂を見上げる角度を横切る) の方角が富士を見る方角と一致する日にダイヤモンド富士になる訳だから、見る場所によって日は異なり、一般には冬至前と冬至後の二回ある。
勤務地では、一度目は 11 月下旬、二度目が 1/20 付近だが、11 月はまだ天候が安定しないので、二冬続けて見ることができなかった。
1 月は、去年よく見ることができたのだが、今年はこの雪。明日はまだ可能性がありそうだが、休日で天候もまだ回復しそうにない。

来年まで待たなければならないようだ。