カテゴリー「写真」の6件の記事

2016/03/08

指導者を得ること

専門家の指導を仰げばよいのに、と思うことが重なった。

 

音楽

楽器

楽器を始める時に専門家の指導を仰ぐのは、比較的多くの人が当然のことと受け入れているように思う。それは子供の時に始める場合に限られるのかも知れない。

就職してから出逢った中には独学でチェロを始めたという人もいて、驚いた。楽譜が読めて教本があれば、それで始められると思うのかも知れない。

しかし、ほんの些細なことに思えて他人に指摘されるまで気がつかないことがどうしてもあるし、今の自分の技術水準で特に足りないのがどこかを指摘してもらうことも、とても有効だと思う。今からでも習えばずっとよくなるのに、と思うことが多い。

 

合奏

自分が中学で弦楽器を始めて以来、管弦楽で弾いてみたいと思っていたが、その機会は大学までなかった。

中高の間は部の活動で、楽器は小さな合奏、最大でBrandenburg協奏曲の四番程度のものを弾き、主には四部合唱をやっていた。合唱は音大から非常勤でいらしていた先生に指導して頂いたが、楽器は足りないパートを卒業した先輩に頼んでいたので意見をもらうことはあったものの合奏全体を見通して指導してもらったことはほとんどなかった。合唱で受けた指導は、その後の器楽にも役立っているが、合奏経験は「この曲を弾いたことがある」に留まっている。

 

管弦楽

大学では管弦楽団に所属したので、全体合奏も弦楽器だけの「分奏」も、専門家に指導して頂いた。各自、楽器を専門家に習うことが参加の条件になっていて、唯一自力でやっていたのは同じ楽器の「パート」の中の練習だった。それも、時々は専門家に見て頂く機会があった。

同じことを何度も言われて腑甲斐ないと思ったところも多々あるけれど、当時受けた基礎的な訓練は有効だった。専門家に指揮してもらって得られるものと別の次元で、糧になっている。

 

室内楽

一方、管弦楽団の中で有志で室内楽 (最低二人、主に三から五人、多いもので八人程度の合奏) をやる機会がよくあった。合宿の宴会前とか学園祭とか。それを専門家に見てもらう習慣がなかった。学生ゆえ小人数でお願いするのは負担が大きかっただろうとも思うが、先輩に見てもらうだけでもずいぶん違ったのではないかと今にして思う。もったいない時間の使い方だった。

就職してからは職場の管弦楽団に所属し、そこでも室内楽をやった。メンバーに経営者だった方 (要職を退任されてから楽器を再開されたのだと思う がいて、「四重奏やるならレッスン受けよう」という言葉が自然に出てきた。

率直に言って、それまで考えたことのない提案で面喰った。しかし、レッスンは濃密な時間で、とても得るところが多かった。我々の側は、決して譜面通り弾けていないし、言われたことがすぐできるようになる訳でもない。でも、言われたことは納得できたし、その後の指針になった。

後から考えて、足りないところに外の力を導入しようと考えられるのが経営者の視点なのだな、と思った。大学で同期だった友人と室内楽を続けていたら、そのままずるずるとやっていたのではないかと思う。

 

写真

写真を撮るのは好きだったが、デジタルの時代になって「シャッター速度を選べるコンパクトカメラはないか?」と思った程度で、「独学」すらせずに撮っていた。その頃の写真を見ると、日の丸構図の山。

SNSの時代になって写真家と交流ができ、話を漏れ聞いている内に、「三分割法」という言葉すら知らないことに問題を感じた。まず本を読んで基礎知識を仕入れた。

SNSに撮った写真を載せてコメントを頂ける機会があり、視野が広くなった。

カメラを買うにもアドバイスをもらったが、買ってからは、そのメーカーの講座に参加できるようになり、様々な撮ったことのない分野を経験することができた。

そして、去年は写真家ご本人の写真教室に参加することができた。その場でもらったアドバイスは数点だけれど、アドバイス前後で違う写真を撮っているのが目に見える。

きっかけになったこと

この記事を見たのが、この記事を書くきっかけになった。

体験に基づく否定を信ぜよ         http://lord.takerunba.com/entry/2016/02/25/004528

> 特別なことに経験がある人の否定的な意見は信ずるに足る。

否定的なことに限らない。先駆者があるなら、まずそこから得られるだけのことを学んで、その先を目指したらよいと思う。

 

これもその一例 http://diamond.jp/articles/-/86961

 

先が短いと感じる年齢になり、時間を有効に使いたいと強く思うようになった。物より知識に投資したい。

車輪を発明するのは楽しいかも知れないが、それをする時間の余裕は自分にはもうない。誰かが作ってくれた車輪があるなら、それを使って何ができるかを考えたいのである。

 

2016/02/28

CP+ で中井精也さんのお話を

Dsc03988_1_2

SONYα6000を持っている。利用者登録をして、撮影会やレンズ試用会に何度も参加し、自力では始めるのが難しい分野の写真も撮る機会をもらった。

その一環に「α アンバサダープログラム」というのがあって、「CP+2016」に招待してもらった。

四分野のセミナーに希望を描いて応募できたので、鉄道と航空を書いておいたら、「鉄道」が当たったのだ。

その時点ではどなたの話が聞けるのかわからなかったのだが、先週になって「1日1鉄」にこの記事が:  http://www.ichitetsu.com/2016/02/cp2016-243e.html

2/27 17:15-18:00 は、中井さんのカシオペアの話と知った。

おそらく、こちらを見ればわかったのだろうけれどhttp://www.sony.jp/camera/cp2016/

そちらは招待して頂いたわけだが、こちらも興味があった。

ソニーブースでは「カシオペアジオラマ」が設置されます!

ぜひみなさんも撮影してみてください。

2/27(土)、28(日)は1030分~1100分にて中井精也によるスペシャル実践講義も開催いたします。

予約不要です。直接ソニーブースへお越し下さい。

CP+ 自体が初めてなので、10時に駅に着いていればよいだろうとのんびりしていたら、会場に入るのに大行列で焦る。二階の行列が済んで一階に降りたところで 10:15!

もう、間に合わないかと思ったが、SONY が入口のすぐ横にあったおかげで辛うじて間に合った。

そこで中井さんの話を聞きながら撮ったのが、このHO。

セミナーは、中井さんが夜汽車としてのカシオペアを撮られる過程の紹介で、想像以上の大変さに舌を巻いた。

一日に「多くて」一回しか通らない列車を相手に、試行錯誤しなければならない要素がたくさん。

http://www.ichitetsu.com/2016/01/124-eb91.html

などでその一部は拝見していたが、撮影期間中、運航日はほとんど全部どこかで撮っていらしたのではないかと思う。

http://www.ichitetsu.com/2016/01/130-f1c1.html

の雪が舞う写真も、どう撮ったのかを教えて頂いた。

せっかく講演時間割がわかったので他社のセミナーも聞いた。そちらでは、外国で撮影する時に苦労するところを話していらした。

それも大変ではあると思ったが、「カシオペア」と対象を限定した撮影の大変さは想像するに余りある。

2012/04/13

バレエ撮影のカメラ騒音

二週続けてアマチュアのバレエ公演を観る機会があった。共通に閉口したのが、カメラの騒音。一方では、暗い場面もあったので、カメラのモニタの明りも興醒めであった。

これは音楽の発表会にも共通なことだが、公式記録のために、静止画カメラ、動画カメラが客席に入ることが多い。
音楽では、明りが問題となることはないし、後から録音を聴いてもカメラの騒音が気になった経験はない。
しかし、バレエでは二度とも撮影音がうるさくて、舞台に没入できなかった。それが鏡の駆動音なのか、機械シャッターの音なのかわからない。

三十年ほど前の大学オーケストラでの撮影では、カメラの本体からレンズにかけて、布でカバーしているのを見た。撮影は、舞台から遠くでするだろうから演奏者にまで音が届くことはないだろうけれど、撮影音が聴衆の邪魔にならないように配慮していたのだろうと思う。例えば、大きな音で演奏している時に撮影するとか、どこかの拍に合せて撮るとか。

いわゆるデジタル一眼レフに詳しくないのだが、モニタが外に付いている以上、撮影のたびに鏡を動かす必要はないように思える。バレエを撮るのだからシャッター速度は速い必要があるだろうが、焦点面でシャッターを動かすことは必須なのだろうか? コンパクトカメラの撮像素子では貧弱だというのはわかるのだが、撮像素子を大きくするだけではだめで、騒音を持ち込まないとバレエの撮影はできないのか?

2012/01/26

撮った写真を楽に見せる

iPhone で日常的に写真を撮っている。気に入ったものは Facebook に載せるので見て下さる方は多いのだが、Facebook を使っていない相手には見せられない。

そこで考えた。iCloud で PC まではすぐだ。ならば、そのフォルダを Picasa で「ウェブに同期」させておけば、写真は web アルバムに載るじゃないか。
問題は PC が生きているかどうかだが、テレビの番組表を取るために定期的に起動することになっている。行けそうだ。

そのように設定してみた。今のところ快調である。Picasa の web アルバムには「このアルバムに写真がアップロードされたら、これらのユーザーに通知する。」というチェックボックスがあるので入れているが、その効果はまだ確認していない。

2010/04/15

ISS 野口聡一さんの写真

ISS の野口さんの写真がすごい: http://twitpic.com/photos/Astro_Soichi

Google Map で同じところを見られる写真もあるけれど、ほぼリアルタイムであるところが大きく違う。氷河の後退、火山の噴火、地震被災地など、現在の写真の価値は高い。夜景の写真も Google では見られないもの。

その一方、芸術的な写真も増えてきた。オーロラの写真は以前からあったが、特に昨夜の

Midnight running! Galaxy Express 131, Discovery.
には感動した。

2009/12/26

笑顔泥棒さんに撮ってもらう

カメラマンの須藤夕子さんのことは、四年半前に知った。その頃は作品を個展で見せて頂くだけで遠い世界の方だと思っていたのだが、ブログを拝見している内に、いろいろなテーマの撮影会を開いたり七五三の写真を撮ったりもされているのを知った。
それで撮影の機会を探していたのだが、先日友人がお子さんを連れて見える機会があり、一緒に鯉に餌をやったことのある公園に、笑顔泥棒さんに来て頂いたのだった。
ブログでご紹介頂いたが、その他の写真をもう少し。

K1

K6

K2

続きを読む "笑顔泥棒さんに撮ってもらう" »