カテゴリー「制度」の9件の記事

2016/02/10

太陽暦に「月」は要るのか?

一年は52週間と1または2日

現代に約30日の長さの月を使い続ける利点がわからない。
週を単位に生活し、年毎の変動をなくしたら楽になるのではないか。

 

経緯

  旧正月。太陰暦と太陰太陽暦は月の暦だから、月を期間として日常使うのは当然。   だが、太陽暦にまで「月」は要るんだろうか? 月を使っているがために苦労を背負い込む場面が多くて、気になる。曰く

 

       
  1. 職場にて:       
    • 二月は短いから急いで
    • 今月は給料日が日曜だから
    • 期末が金曜だから
    • あーあ、新年度が始まったと思ったら次の日は休みだ       
       
  2. 学校にて:       
    • 今学期は終業式が月曜でもったいない
    • 金曜が始業式なんて
    • 今年は2/1が日曜だから、A校とB校を併願できる       
     

  太陰太陽暦なら月の長さは29か30日に決まっているが、ローマ暦は28-31日と振幅を拡げられたまま現代まで来ていて、それに振り回されている。

 

現代の生活

  現代の生活は、週を基本としていて、月に依存して動いている部分をあまり思いつかない。
  日本では給料や家賃が月払いで月賦が一般的だけれど、それは適当な数の週を単位とすれば充分ではないか?
  口座引落が広く使われているので、月給が週給になり月家賃が週家賃になっても、金融機関以外には困るところはあまりなさそうに思える。

  経済が (四半期) 三箇月を単位として動いているところはある。それは扱いやすい長さなんだろう。そこは、13週を使えばちょうどよさそうに思える。  

  
    1 quarter * 13 week = 52 week = 364 day
  

    年によって1, 2日の余りがあってもいいだろう。

 

どう使うか

  では、どのように暦を使うか。

毎年同じ曜日から始まり、年末に平年は1日、閏年は2日の特別な休みがあるようにすればよいのではないだろうか。
  どの曜日から始めるかが争いの元になりそうではあるが、どの宗教でも安息日でない日に始めるのでは?

いや、宗教上は曜日が必要で、それを変えることには抵抗もあるだろう。
  7日周期の週は現代人の生活に根差しているから、宗教週とは独立に番号で生活週の曜日をきめれば、異なる宗教の間で公平に思える。

週を基本にするなら、年は第1週1曜日から始まり、first quarterが第13週7曜日まで、second quarterが第14週1曜日から始まり...年末は第52週7曜日の後に、1か2日の特別休日がある。

 

学事暦

  そう決めれば、学校の暦は楽になりそうだ。例えば、毎学期1曜に始まって5曜に終る。
  祝日問題は別にあるが、それとて学校では月ではなく週に依存する部分が問題なのだから、毎年同じ1曜が祝日と決まっていた方が、扱いやすいのではないか?

 

困るところ

  月日で決まっている祝日の行先には困るだろう。  
  だが、年の初めは太陽暦を採用しているRoman Catholicに合せるのが現代世界の現実との齟齬が小さくなりそうだ。

日本では、例えば建国記念日は2/11だったのだから、年の42日目、つまり第6週7曜に読み替えれば問題なさそうだ。

 

結局

  ....と、現代でも月 (month) を使っているのは、昔の暦へのNostalgia以上のものでないと思えて仕方ないのだが、どうだろうか。

追記

(2016/02/11)

こういう記事があった:

月をやめよう

生活週を導入して宗教週と分けようという発想は、この記事にはなかった。

 週はどうでしょうか2001年1月1日は月曜日でした。2002年1月1日は火曜日です。毎年の新年が第一日が同じ曜日になるように考えた人もいますが、52週=364日となり、その場合は「曜日のない日」か「うるう曜」を1年に1日ないしは2日作らなければならないので、現実的ではありません。これは慣習として使い続けなければならないでしょう。  改暦によって同じ日が別の日付になったことはありますが、七曜は一度もその順が変わったことはありません。

2011/05/02

「夏時間」

震災後の電力不足で、夏時間を主張する人々がある。従来型の夏時間、国内の時刻をすべて前に一時間ずらせるもの、これは夏の一日の内の需要変動を考えればおよそナンセンスな主張なのだが、「夏時間」を二つに分けて考えよう。

a. 人間の活動時間をずらすこと
b. 国内の時刻をずらすこと

まず a. これは必要なことだ。ただし、どうずらすかは電力需要を知って決めなければならない。 
次に b. これは全くナンセンスである。現代に a. を実現するのに b. まで採用する必要はない。

それでは a. 人間の活動時間をずらすことについて

(1) 電力需要の日変動

まず、需要変動曲線。やや古いものしか手に入らなかったが、およそ 10-19 時を高需要時間帯、23-8 時を低需要時間帯と考えればよさそうだ。

10-19 時の需要は、冷房需要と経済活動による需要が重なっているだろう。冷房需要を家庭だけに止め、経済需要を夜にシフトすればよさそうだ。

いわゆる夏時間、前世紀型の時計を前に一時間シフトする夏時間は、電力ピークの操作にはほとんど無影響であることがわかる。効果もないが害もない。
昼休みの落ち込みがあるから、昼休みを分散させることには多少の効果があるが、ピーク時間帯の方が昼休み時間帯より長いので、削減効果は 5% 程度に留まるだろう。

(2) 経済活動時間帯のシフト

(1) では、高需要時間帯も低需要時間帯も九時間だった。それならば、経済活動を後ろに 13 時間シフトすれば、ピークは下げられると考えられる。産業用の電力需要には、日変動するもの (オフィスの冷房需要など) としないもの (連続操業する工場の需要など) がある。後者は制度によって変えられないだろうが、前者は制御できるだろう。
さて、シフト量である。後ろに 13 時間、前に 11 時間と考えてもよいが、午前九時に始業する会社であれば、午後十時に始業するようにずらす、ということである。これを実現するためには、当然インフラである交通機関もそれに合わせて運行時間をシフトする必要がある。交通機関には観光需要もあり、それはこのシフトとは相容れないところが多いが、今回はその議論は割愛することにする。
現在、都市の鉄道がおよそ 0-5 時の五時間運行を停止しているとみなせば、シフト後の鉄道は 13-18 時に休止することになる。学校や商業活動もこれに合せれば、電力負荷上はピークに影響を与えなくなるだろう。

次に b. 国内の時刻をずらすこと

(3) 実現方法

a. では、「夏時間」を今の日本で実施するなら、前に一時間ずらす欧米型の夏時間ではなく、およそ半日ずらして昼夜逆転させることが有効であることを述べた。
では、どうやってそれを実現する、すなわち冬時間から夏時間に変更するか。欧米式に考えれば、時刻すなわち国内の時計を一斉にずらすことになる。これは、実現コストが高く、現実的ではない。典型的には銀行のシステム、時刻が逆転することを想定していない例があると聞いた。銀行に限らず、今まで時刻を絶対と考えてきたシステムで、時刻が季節によって変わった時に問題が起きないかをチェックするのには、多大なコストがかかるし、改修コストも発生するだろう。
この従来型の夏時間のメリットは、さまざまなスケジュールに手を加えず、移動した時刻に応じて生活すれば、夏時間実施中には問題が生じないところにある。しかし、スケジュールを (2) の経済活動時間帯のシフトに合せて変更することは、現代では難しくない。計算機上にあるデータは容易に書き換えられるし、印刷したものであっても、時刻の欄だけ書き換えれば充分である。
また、時間帯のシフトが有効としても、全組織にシフトを強制すべきではないだろうし、夜間であっても、経済活動時間が分散していることは集中よりメリットがあると考える。
さらに、人間の感ずる時差の問題もある。一時間のシフトである欧米でも影響はあるだろうが、13 時間のシフトを一気に行えば時差呆けの影響は多大である。であれば、シフトは少しずつ行えばよいのではないか。例えば二日に一時間ずつ遅らせれば 26 日でシフトが完了するが、それを時刻の変更で行うのは無茶である。時刻には手を加えず、交通機関の運行時刻、事業所の始終業時刻を順次遅らせて行くのであれば、実行はできると考える。

これは余談だが、夏時間から冬時間に移行する時にも、時間帯を遅らせる方が人間にとっては順応しやすいだろう。この問題は日付が一日減ることである。それを許容できないと考えるならば、冬から夏に移行する時に、時間帯を進めなければならないだろう。どれだけの期間をかけて移行するのがよいかは、実験によって決める必要があるだろう。

(4) 標準時刻

(3) の方法で時間帯をシフトするならば、標準時刻は何を採用してもよいことになる。もちろん、現在の東経 135°時刻を採用するのが一番簡単である。
しかし、時間帯をシフトした時に以前の時刻と誤認して混乱することも考えられるので、むしろ自然時刻と無関係な標準時を採用するのも一案である。例えば協定世界時 (UTC) を採用しても、変更は一度だけ、コストはかかるが大きくはない。

これも余談だが、中国が一時間帯だけで全国を運用していることを知った時、広大な国なのに無茶をする、チベットなどに無理を強いているように感じた。しかし、そのような標準時を採用されても、現地では自分たちのやりやすい時間帯で生活するのである。標準時は標準であれば充分で、何も正午に昼飯を食べなければならない訳ではないのだ。
電力ピークを下げるためにやろうとしている時間帯シフトは、決して「やりやすい」時間帯ではないが、経済活動の時間帯シフトさえ実現できれば、私生活は自由であってよいのだ。

定量的に評価できてはいないが、(2) で経済活動を夏の暑い時間帯からシフトできるのであれば、暑い昼間に家庭の冷房まで禁止する必要はないのではないかと想像している。

2010/12/16

消防隊進入口

今度のマンションには、窓に消防隊進入口の赤三角▼がある。今までに五六軒の団地暮しをしたが、こんなものが住宅に付いているのは初めて見た。角部屋にしても、以前に二回は経験している。どうやら、一階に一箇所だけ設けなければならないものらしい。

赤三角の位置が、外を見るのに目障りではあるが、非常時に入れる場所がすぐわかるのであれば、仕方ないコストだと思う。
窓を破って入れるよう内側に障碍物を置くつもりはないし、趣旨に反対する訳ではないが、この設置基準でいいのだろうか? 進入口なら、各戸にあるべきではないだろうか。そして、一戸の中では、どの窓を進入口とするかは自由に選べてよいのではないか? 
中に入ったところで、隣戸に通ずる通路はないのだから。

何か、練れていない規程に感ずる。事務所ビルと集合住宅に同じ基準を適用するのには無理がある。

続きを読む "消防隊進入口" »

2010/11/16

入試の始まり

「お受験」は特別なことと考えられていると思う。早実の初等部などは、創立時点から入試が当然のことと考えていただろう。しかし、入試を行っている全ての学校・園が、最初からそうであった訳ではないのではないか。
最初は入試がなかったが、ある時点で入試を始めざるを得なくなったというところが少くないのではないかと、想像する。

11 月は、幼稚園の入園手続の季節である。子供はその昔、ある本山の附属幼稚園に入った。バス通園ではあったが、近所の幼稚園と言ってよいと思う。
しかしこの幼稚園、その地域では人気があって、志願者が募集人数を上回っていた。子供の年には二倍までは行かなかったと思うが、願書配布日に 1.5 倍程度は集まったように思う。

問題は、この園に入試がないことなのである。ならばどうやって入園者を選ぶか。
先着順ではない。受付日より前に並ぶことを禁じている。受付開始時に、園に向う坂の下に志願者が集められ、そこを園長と同時に登り始めて園に並んだ順、という選別なのだ。
園長は高齢だし走る訳でもないので、坂を走って登れば早く到着することはできる。しかし、そういう抜け駆けは仏教の教えに反するという、無言の圧力を感じた。
子供は幸い入園できたのだが、ルールの不明な選別方法で振り落とされ、割り切れない思いをした方も多かったはずである。

このような場合には、入試をすべきなのではないだろうか。年によって、入試があったりなかったりしても構わないと思う。選別を行う可能性だけ明示しておけば。
特に幼稚園の場合、客観的な選別ができるわけがないのだ。年齢に 1.5 倍もの開きがある訳だし、筆記試験で点数をつけることに、意味を感じられないだろう。例えば国籍など、選別の際に「使わない」指標を明示しておけばよく、あとは主観的に選ぶので構わないと思う。
園バスがあると話が複雑になるが、どうしても客観的に選びたければ園からの距離で選別したってよいと思うのだ。
とにかく、志願者が受入可能人数を上回っているのに選別機会を設けないことが、大問題だと思った。


....と思って、その幼稚園のページを見たら、メニューに「受験生の皆様へ」とあった。慌ててクリックしたら、幼稚園が付属する短大の受験生のことだった。
この園で、子供はよい教育を受けたと思う。しかし、この選別体制を放置していることは、問題だと思っている。

2009/07/31

電気自動車

ハイブリッド車等はガソリン車より総コストで得か:調査結果

栄誉を勝ち取ったのは、独Volkswagen社のクリーン・ディーゼル車『Jetta TDI』だった。 

所有コストという金額での比較が本質的とは思えないが、ディーゼルと電動機のハイブリッドという可能性はないのだろうか? しかし、電気自動車なら乗ってもいいかと漠然と考えている自分を発見して愕然とした。動力源が変ったところで、危険には変りはない。燃料消費量なり CO2 排出量の削減よりも先に、対人安全設備の開発に投資すべきではないのか? 自動運転は事故の最終責任を誰に負わせるかで頓挫しているように聞いたが、違法な運転をハードウェアで制限するだけで、目に見えて死傷者が減りそうだ。

危険なのは自動車だけではなく、違法自転車 (携帯電話操作・通話、飲酒) も私の住む地域では野放しのようだが.....

2009/06/04

BISTROT GAJYUMAL

変な綴りだが、横浜駅近くの BISTROT GAJYUMAL

G1 

G2

G3

G4

「日替りメインランチ」千円也。黒豚ロースのグリエ。

G5

G6

料理はよかった。なぜガジュマルなのかは謎だが。

問題は店内が煙っていること。禁煙条例が骨抜きにされなければ、いずれ改善されることが期待できたのだが、禁煙条例これでは、当分再訪できない...

2009/05/09

私鉄の定期運賃

通勤路線の定期の割引率が低くて、Suica / PASMO の時代になってから定期を買ったことがなかったのだが、散々計算した挙句に初 FeliCa 定期。

しかし、計算した時に回数券料金を入れ忘れた。休暇を取らず、途中下車を活用しなければ、とても定期は割が合わない。

東急で一ヶ月が普通の何倍かを見ると、

距離 [km] 定期運賃    / 普通運賃 倍率
1-3 4200 / 120 35
4-7 5710 / 150 38.1
8-11 7210 / 190 37.9
12-15 7940 / 210 37.8

と短距離が妙に安いが、4km 以上で計算すると、回数券なら 42 回乗らないと定期の元が取れない計算。月に出勤日が 21 日あるのは、年に一回くらい.......

毎度切符を買わなければならなかった時代には存在理由もあったのだろうが、いまや通勤定期は鉄道会社にとって、葬り去りたいものなのだろうか? JR に限っては、割引率がもう少しよいようだが。

2009/05/05

FeliCa 一日乗車券

先日、都内の一社のバスに五回乗る機会があった。三四回乗る機会は時々あるのだが、ある時「一日乗車券を PASMO / Suica 内に発行します」云々というアナウンスに気付いて調べてみたら、価格は五百円、PASMO / Suica の残高引き落としで使えるのだった。この会社は一回 210 円なので、三回乗れば元が取れる。五回乗った日はかなり得した気になった。

同じようなシステムは、都バスを始め何社かにあるようだが、最初に乗ったときに「一日券ください」と言ってから PASMO / Suica をタッチするだけ、買うのも手軽でありがたい。最初に使った時は、本当に一日券が使えているのか心配で乗るたびに表示を確かめたが、間違いなく「○月×日 一日券」と出て、金額表示は消えていた。

翻って PASMO / Suica エリアの鉄道では、回数券すら載せることができない。しかも、最近はこんな圧力も...

Suica,PASMO専用改札機の増加で回数券が使いにくい ~ 嫌がらせか

PiTaPa の柔軟な割引制度が羨ましいが、阪急が関東に進出してくれない限り、指を咥えて見ているしかなさそうだ。

2009/05/01

飲酒滑走

法律には大穴があるけれど、飲酒運転が殺人行為に等しいという認識が広まった (だからこそ、法の網をかいくぐりたい犯罪者は一旦逃げる) こと自体は喜ばしい。

しかし、その認識をスキーに当て嵌めることのできない飲酒スキーヤーが絶えないのは、なぜなのだろう。自損事故率が高いという点に差があるくらいで、他人に危害を及ぼす危険度でも致死率でも、自動車に劣るところはないと思う。
集団としての飲酒者は、法律によって罰が目に見えるようにならない限り、行動を変えないということなのだろうか?


子供にも、スキーの楽しみを覚えて欲しいと思う。しかし、身の回りで飲酒滑走の話を聞くような環境では、子供をゲレンデに出すことに恐怖を覚える。法制化などとても期待できないこの国で、アルコールフリーを売りにするスキー場はできないものか....