カテゴリー「携帯・デジカメ」の10件の記事

2013/04/03

smartphone は日本語以外で画期的だった

日本の携帯電話が独自の発達を遂げたのはその通りだと思うが、その理由に、文字入力の容易さがあったように思えてならない。
もちろん、専用の web 環境が整ったことも一因だけれど、日本語入力が五十音表に基づいた系統立ったものだったことも大きかったと思う。
自分も iPhone を使うようになり、各国のキーボードを見ることができるようになった。
タイプライター配列にも言語差があることを知ったが、ほとんどの言語は、qwerty を基礎に置いたキーボードを前提にしている。
10 キーを使う言語でみつけられたのは、中国語それぞれの「筆晝 (?)」という入力方式だけ。

Img_8735_2

 

Img_8736_2Img_8738Img_8737

blackberry はほとんど知らないが、qwerty キーボードが使えたところが普及の大きな要素ではないかと推測している。

10 キーでアルファベットを入れるのは、面倒すぎる。
翻って日本語の五十音は、10 キーでも qwerty でも 2 タッチ は必要だから、10 キーに慣れてしまえば qwerty の有り難みがない。
タッチパネルのスマートフォンが現れたことは、qwerty 入力の言語 (いや dvorak でもよい、10 キーでは入力し難い言語) を使う人には革命的だったのだと思う。
日本語向けにはフリック入力を作ってくれた訳だが、"flick input" で他の言語の入力方式をみつけることができなかった。ほぼ日本語専用の入力方式。使いこなすことはできるが、それでもハードウェアの 10 キー (2 タッチ) には速度で敵わない。
スマートフォンで可能になったソフトウェアキーボードは、日本語以外の言語を使う人に大きなご利益だったと思う。

続きを読む "smartphone は日本語以外で画期的だった" »

2012/05/13

自転車のナビと充電

連休に自転車で北海道まで行ったという友人が、道を何度か間違えたから次は GPS を持って行こうと言っていた。
彼は iPhone を持っているので、それを自転車に固定できれば解決するのではないかと問うたら、電源問題でできないのだと言う。
言われてみると、昼間中使うためには補充電が必要だろうし、そもそも交流電源のある宿に泊ることは少いのだそうだ。
GPS は、単三電池駆動なので電池を使い捨てればよく、iPhone は限られた目的にのみ使って、三日くらいもたせるという話だった。

現代はどのような旅でも電源が必要な機器が多いけれど、大きな電力が必要なものは少なかろう。自転車でも、例えば USB の仕様の充電能力を持っていると便利なのかも知れない。
自動車は、二十年前には「シガーライター」という標準給電端子を持っていたが、今はどんな形の電力を供給できるのだろう。電気自動車の受電側は、例によってガラパゴス化したようだが。http://clicccar.com/2012/05/05/146674

2012/04/13

バレエ撮影のカメラ騒音

二週続けてアマチュアのバレエ公演を観る機会があった。共通に閉口したのが、カメラの騒音。一方では、暗い場面もあったので、カメラのモニタの明りも興醒めであった。

これは音楽の発表会にも共通なことだが、公式記録のために、静止画カメラ、動画カメラが客席に入ることが多い。
音楽では、明りが問題となることはないし、後から録音を聴いてもカメラの騒音が気になった経験はない。
しかし、バレエでは二度とも撮影音がうるさくて、舞台に没入できなかった。それが鏡の駆動音なのか、機械シャッターの音なのかわからない。

三十年ほど前の大学オーケストラでの撮影では、カメラの本体からレンズにかけて、布でカバーしているのを見た。撮影は、舞台から遠くでするだろうから演奏者にまで音が届くことはないだろうけれど、撮影音が聴衆の邪魔にならないように配慮していたのだろうと思う。例えば、大きな音で演奏している時に撮影するとか、どこかの拍に合せて撮るとか。

いわゆるデジタル一眼レフに詳しくないのだが、モニタが外に付いている以上、撮影のたびに鏡を動かす必要はないように思える。バレエを撮るのだからシャッター速度は速い必要があるだろうが、焦点面でシャッターを動かすことは必須なのだろうか? コンパクトカメラの撮像素子では貧弱だというのはわかるのだが、撮像素子を大きくするだけではだめで、騒音を持ち込まないとバレエの撮影はできないのか?

2012/02/01

iPhone のバックアップ失敗

iPhone をローカルに復元する必要があって、iTunes にバックアップを取った。しかし、復元後に戻そうとしてバックアップが壊れていることが発覚。仕方なく、一週間前のバックアップに戻して、その間の整理をやり直した。

だが、寝てから考えたら、その間も iCloud にはバックアップがあったのだった。それを戻せばよかったはずなのに、思いつかず。がっかりgawk

2010/01/08

コロプラのメール通知機能

位置ゲームのコロプラをやっているが、最近メール通知機能ができて便利になった。
しかし、障害も増えた。今は、WevView のフィールド画像が最新のものにならない.....

続きを読む "コロプラのメール通知機能" »

2009/06/19

携帯電話のロック機能

「K002」開発者インタビュー

三洋の携帯電話事業が京セラに移って一年強、もう三洋ブランドの端末は出なくなったと思っていたら、こんな言及があった。

旧三洋電機さんのSA端末で好評だった機能などもフォローしています。閉じるとロックやオートロック機能などを用意しており、ビジネスメニューと併せて便利にお使いいただけるのではないでしょうか。

この二つのロック機能、ごく基本的なものだと思っていたのだが、au 端末では京セラ以外にないように取れる。オートロックは au の全端末にあるようなので上は誤りだが、

閉じるとロック 端末を閉じるとロックされ、暗証番号を入れないと操作ができない。実機の仕様では、端末を閉じた時に使用中の機能は継続して使用でき、待受状態に戻った時点でロックされる。

は、一般的ではないという説を読んだことがあった。三洋が特許を持っているのだろうか? PHS も含め他のキャリアの端末にもない機能なのだろうか。

「K002」を開発するにあたり、KDDI様とも協議の上、端末のポジショニングなどを考慮して、既存資産が活かせるKCPを採用しました。

KCP の端末は、もう発売しない方針 (KDDI) なのだろうと思っていた。それも含めて、au の中では気になる機種である。

2009/06/06

高密度電池?

携帯電話は、2007/9 に最初の UIM 機 (赤 W53SA) を買い、次をどうするか迷ったが、KCP+  にまだまだ課題がありそうなので、2008/9 に旧世代の KCP 機の売れ残り (白 W62SA) を買って寝かせておいた。

M


W53SA の電池が消耗してきたと感じたので春から W62SA を主に使っているが、どうもあまり電池が改善された気がしない。蓋を開けて比べてみると、電池の厚みは多少増えたもののずいぶんコンパクトになっていた。体積あたりの容量はずいぶん大きくなっているのだろうが、容量の絶対量がわずかではあるが減っている (900mA 時 -> 870) のは、納得し難い。この二機種は旧鳥取三洋の最後の二つなのだが、どうも最終機種の W62SA より W53SA の方が優れているように感ずる。どちらも防水であるところが大きなメリットで、プラットフォーム問題を別にしても、現行機種に買い換えたいものはないのだが。

2009/05/02

一眼

「一眼」という言葉を単独で聞くことが増えた。一眼レフを指すのだろうとは思う。しかし、今の時代、二眼のカメラの方が珍しい。

「デジ一」という言葉も聞く。当たり前だ。二眼のデジタルカメラなんて聞いたことがない。フィルムカメラだからこそ二眼が必要で、そのために鏡 (レフレックス) を用いた。その構造を基に鏡を可動にして一眼のカメラを作ったところに価値があったのではないか。
そんなことを言うなら、携帯電話のカメラだって web カメラだってデジ一だ。

長い言葉を略したい欲求はわかる。しかし、元の言葉の特徴部分を全く切り捨ててしまって違和感を持たないのは、なぜなのだろう? 今のカメラの市場構成の中で一眼レフを特徴付けるのは、一眼ではなくてレフレックスだろうに。
そして、ここはカメラ好きな人からは反論がありそうだが、新たに売れる一眼レフではデジタルの方がフィルムより多く、わざわざデジタルと強調しなければならない場面は少いのではなかろうか。


しかし、コンパクトカメラに対して一眼レフカメラを特徴付ける、最大の要素は何だろう? レフレックス構造? レンズが交換できること? それとも、量的要素で、画像センサが相対的に大きいこと?

2009/03/29

機種変更

携帯電話業界の特殊用語だが、まず機種という言葉が意外である。この片仮名大好き日本人が、携帯電話に限っては、なぜモデルと言わずに機種と言うのだろう? 悪いことではないけれど。 
しかし最近では、「機種」という言葉が、種類だけでなくその種類の端末機そのものを指している理解不能な場面に遭遇することも増えてきた。「機種を買った」など、端末メーカーの買収ではあるまいに。

次に不思議なのは、端末の買い増し (少し前までは買い替え) なのに、機種「変更」と言うこと。端末買取制以前のことなら、たしかに借りている端末の「機種」の「変更」だったろう。しかし、私が最初に携帯電話を持った 2000 年には、新規一円とは言え、既に端末は買取制だった (日本における携帯電話によれば 1994 年から)。私が携帯電話を買ったのは決して早くはないけれど、今では端末レンタル制の時代を知らないユーザの方が、圧倒的に多いのではないだろうか? 

新しい端末を買う時に同じ機種のものを買う人は少ないだろうから、「買い替え」とは言っても、「変更」と強調する必要を感じない。なぜ、購入でなくて機種変更なのだろう?

2009/03/09

「ベル打ち」

知人に携帯電話の日本語入力方式として「ベル打ち」、au の用語では「2 タッチ入力方式」があることをお教えしたら、「知らなかった」と喜んで使われているようだ。
いわゆる「標準入力方式」を改善するための努力も進んでいるようだけれど、一度「2 タッチ」に慣れてしまうと、元に戻る気になれない。