« 台風は低気圧になれない | トップページ | 楽譜と鍵盤 »

2016/09/09

スツ線とアパ線

東武鉄道は、玉ノ井の駅名を消し去ったと思ったら、業平橋も消し去ってしまった。

伊勢崎線と野田線は消し去ったわけではないらしいが、スカイツリー線とアーバンパーク線にされてしまったと聞く。

特にアーバンパーク線の名には非難轟々のようだが、その意味以前に日本語では長過ぎて使い切れないのではないかと思う。

元の名より長い線名を付けて、定着することがあるんだろうか。使われるとすれば、省略されてだろうと思う。片仮名の名なら、頭文字を取って「スツ線」と「アパ線」にするのが自然に思えるけれど、使っている人はどう呼んでいるのだろう?

まあ、国電と同じか短い「E 電」も、定着しなかったけれど。

« 台風は低気圧になれない | トップページ | 楽譜と鍵盤 »

交通」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/67419083

この記事へのトラックバック一覧です: スツ線とアパ線:

« 台風は低気圧になれない | トップページ | 楽譜と鍵盤 »