« スコアを見て室内楽を弾くこと | トップページ | 指導者を得ること »

2016/02/28

CP+ で中井精也さんのお話を

Dsc03988_1_2

SONYα6000を持っている。利用者登録をして、撮影会やレンズ試用会に何度も参加し、自力では始めるのが難しい分野の写真も撮る機会をもらった。

その一環に「α アンバサダープログラム」というのがあって、「CP+2016」に招待してもらった。

四分野のセミナーに希望を描いて応募できたので、鉄道と航空を書いておいたら、「鉄道」が当たったのだ。

その時点ではどなたの話が聞けるのかわからなかったのだが、先週になって「1日1鉄」にこの記事が:  http://www.ichitetsu.com/2016/02/cp2016-243e.html

2/27 17:15-18:00 は、中井さんのカシオペアの話と知った。

おそらく、こちらを見ればわかったのだろうけれどhttp://www.sony.jp/camera/cp2016/

そちらは招待して頂いたわけだが、こちらも興味があった。

ソニーブースでは「カシオペアジオラマ」が設置されます!

ぜひみなさんも撮影してみてください。

2/27(土)、28(日)は1030分~1100分にて中井精也によるスペシャル実践講義も開催いたします。

予約不要です。直接ソニーブースへお越し下さい。

CP+ 自体が初めてなので、10時に駅に着いていればよいだろうとのんびりしていたら、会場に入るのに大行列で焦る。二階の行列が済んで一階に降りたところで 10:15!

もう、間に合わないかと思ったが、SONY が入口のすぐ横にあったおかげで辛うじて間に合った。

そこで中井さんの話を聞きながら撮ったのが、このHO。

セミナーは、中井さんが夜汽車としてのカシオペアを撮られる過程の紹介で、想像以上の大変さに舌を巻いた。

一日に「多くて」一回しか通らない列車を相手に、試行錯誤しなければならない要素がたくさん。

http://www.ichitetsu.com/2016/01/124-eb91.html

などでその一部は拝見していたが、撮影期間中、運航日はほとんど全部どこかで撮っていらしたのではないかと思う。

http://www.ichitetsu.com/2016/01/130-f1c1.html

の雪が舞う写真も、どう撮ったのかを教えて頂いた。

せっかく講演時間割がわかったので他社のセミナーも聞いた。そちらでは、外国で撮影する時に苦労するところを話していらした。

それも大変ではあると思ったが、「カシオペア」と対象を限定した撮影の大変さは想像するに余りある。

« スコアを見て室内楽を弾くこと | トップページ | 指導者を得ること »

交通」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/64193532

この記事へのトラックバック一覧です: CP+ で中井精也さんのお話を:

« スコアを見て室内楽を弾くこと | トップページ | 指導者を得ること »