« 信号建植位置と軌道回路境界 | トップページ | 頭位眩暈と点眼薬 »

2015/07/13

誰が?

主語を想定して読むと裏切られる。主客を混同していると言うより、主体と客体があるという認識が欠けている気がする。
その内、売ると買うが一体になって、売ることも買うことも「買う」と言うようになりそうな。

来店
初来店 を引いてみたら...
店が使う、店に着いた時に使う、それなら昔通り。だが、その店に行って帰って来た人、これから行く人が「来店」!?


課金
ゲームの中で有料サービスを売る話だと思って読んでいると、どうもおかしい。
買った側が「課金した」と言っているらしい。なぜ....

応募
「応募しよう」と聞いて何の募集があったのかと思っていると、どうやら募集しようとしているらしい。

« 信号建植位置と軌道回路境界 | トップページ | 頭位眩暈と点眼薬 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/60725405

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が?:

« 信号建植位置と軌道回路境界 | トップページ | 頭位眩暈と点眼薬 »