« 2014年12月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の2件の記事

2015/04/22

解約の余得で解約

実家の光回線を NTT から NURO に変えたら、隠れていた無駄が明らかに。

自分で決めたプロバイダは解約したが、なぜか Toppa! から初めて請求書が来たと言う。

今まで、NTT の請求に合算されていたらしく、無駄に払っているのを知らなかった。

それにしても、月額で 2203 円というのは高過ぎないか?

NURO が突撃セールスしてくれたおかげで、ずいぶん通信料がスリムになった。

 

一方、ジャパネットたかたの罠にはまって、PC の抱き合わせで何かの Wi-Fi ルータを契約させられていたのは認識していた。

違約金を払い直ちに解約しなければならないと言っておいたのだが、理解されず実行されずにいたのも発覚。

請求書を見ると、「ご利用月数 2 3 ヶ月」の文字。あーあ。せめて三ヶ月前に言ってくれていれば...

「二回くらい前から安くなった」と言っていたので、そこで端末代の月賦を払い終えたのだろう。

買った当人は、その使用料を PC の月賦だと信じ込んでいて、「いつまで続くのだ?」と問われてやっと事態を把握した。

大慌てで、二社の解約手続きと支払いを済ます。

 

一つだけ謎なのが NTT

3/1 に解約したのだが、三月分の請求が未納となっていると言う督促状。

二月分は丸々使っているので請求があるのは不思議ないが、契約中は銀行引き落としになっていたのを、なぜ最終月だけ続けてくれない?

しかし、請求書が見当たらない。上のルータのように、来た請求書は律儀に払っているので、紛失という事態はあまり考えにくい。

再発行を頼んだが、本人でないので状況の詳細を教えてくれなかった。Toppa! の二月分も入っているのだろうな....

 

NTT のモデムと ONU を返送するためのゆうパックの「返送キット」が来ず、催促してやっと届き、昨日撤去した。

(これも不達以外の理由を思いつかない)

NTT NURO の二本のファイバが引き込まれた状態になっていたのだが、ONU からの抜き方がわからないと訴えたら、鋏で切れと言う。

せっかくだから壁から出るところで切って 5m ほど天井に沿って這っていたのを撤去する。

 

ニッパーもみつからず古い鋏でなんとか切ったが、かなり乱暴な仕事に。

2015/04/17

発車時刻調整を非難する人達

湘南新宿ラインが遅れているため、横浜で東海道線が発車時刻調整。





ここの時間調整は複雑だが、山手線のような単純なモデルでも発車時刻調整の効果を理解していない層があまりに厚いことを、先日の架線柱事故で目の当たりにして、暗澹たる気分になった。
山手線のような単純なループで、列車間隔が開いてしまった時に、破滅を防ぐ方法は開いてしまった間隔を詰める、つまりその間隔の前にいる列車を遅らせること以外に思いつかない。基本の基本を忠実に実行しているだけなのに、それを非難する人の余りの多さ。
間隔が開いてしまった原因が鉄道側にあるなら、そこを非難したらよい。しかし、それが利用者側にある場合に、なぜ鉄道会社を非難できるのだ? 回復のために努力している人達を。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年5月 »