« 元号と旧暦と干支 | トップページ | 子供の予防接種 »

2014/02/09

「乗場」と「番線」

JR 東日本は「番線」と言うのに西日本は「のりば」と言うのはなぜ? という疑問を持たれた方があり、この境界線調査ページをみつけていらした: 「のりば」「番線」境界線
そういう呼び方だけの問題か? というのが私の疑問。
  • 線路が一本で両側にホームがある場合 (たとえば小田急新宿)
    番線は一つで乗場が二つ。乗場の方に番号を付けることもあるのではないか?
  • 機回し線 (1970 年代には、まだ国鉄の東京駅にはホームのない「11番線」があった)
    東京駅では、乗客案内では 11 は欠番になっていたが、会社によってはホームに面した線路にだけ「のりば」の番号を付ける場合もあるのではないか?
「乗場」と「番線」が食い違う駅は、そう珍しくはないと思う。そのために言葉を使い分けている例はないのだろうか?

« 元号と旧暦と干支 | トップページ | 子供の予防接種 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/54921994

この記事へのトラックバック一覧です: 「乗場」と「番線」:

« 元号と旧暦と干支 | トップページ | 子供の予防接種 »