« [さとなおさんの」ジンジャーエール | トップページ | smartphone は日本語以外で画期的だった »

2013/03/24

iOS の漢字変換辞書が学習しなくなった

電話サポートを受けて最終的には解決したが、大変遠回りしたので、同じ症状に出会った方のために記録しておきます。

要点

辞書が頻度学習しなくなったら、「キーボードの変換学習をリセット」すればよい。 「キーボード辞書を工場出荷時のデフォルト状態に戻します。」の警告を恐れる必要はない。 (もちろん、私には同じ結果を保証することはできないので、バックアップを取った上で試して下さい)

 

経緯

発症

iPhone 4 で起きた。iOS 6.1.2 にした頃、漢字変換で直近に確定した文字列が、予測変換候補に全く出てこなくなった。

 

症状

たとえば、「てん」で「…」を確定することを 10 回繰り返しても、「…」は「て」を入れても「てん」を入れても、候補の先頭行には出てこない。「てん」の単漢字候補の下の方にあるだけで、全く学習している気配がない。

 

OS バージョンアップ

iOS 6.1.3 が出たので、直ることを期待してバージョンアップした。が、症状に変化はなかった。

 

ハードウェア更新

このタイミングで iPhone 5 に乗り換えた。本題に影響ないが、キャリアは SoftBank から au に変更。 iPhone 5 は、私が買った端末では iOS 6.1 であった。

 

OS バージョンの影響

iOS 6.1 の初期状態では、上の症状はなかった。 しかし、iPhone 4 の、症状の出ているバックアップ (iOS 6.1.3) を iOS 6.1 上に復元したら、症状も復元された。 一方、iPhone 4 の方を iOS 6.1.3 の初期状態にしたら、症状はなくなった。つまり、予測変換の学習ができるようになった。 今回の予測変換学習不能の症状には、iOS は 6.1 から 6.1.3 まで関係ないことがわかった。

 

サポート

初めて、Apple の電話サポートを申し込んだ。

 

サポートシステムの問題

予約した時刻に電話がかかってきたが、「オペレータによるサポート」を意味する「1」を押した後で、回線が切れた。 こちらからかけ直したらすぐつながり、さほど待たずにオペレータにつながったが、電話サポートシステムに問題があるようだ。

 

電話サポートの仕組

最初に、一般の「アドバイザー」が応対する。わからないことがあると、回線を保留にして訊きに行き、そこで教えられた解決法を試す。 それでも埒が開かないと、それまでの経過を文字にした後に、「シニアアドバイザー」に回す。

 

サポートが採った解決手順

     
  1. 手元に同じ iPhone 5 (OS 不明) を持って、同じ操作をさせ、結果を比べる。
        当然、こちらの iPhone は変換結果を学習せず、サポート側では学習する。それを、同じ確定操作を 10 回以上やらせて、念入りに確認した。  
  2. 「すべての設定をリセット」を試させる

    899681_619969741350535_1194241036_3

        設定はリセットされるが、「お客様の貴重なデータが失われることはありません」と言う。
        しかし、登録単語が失われるか問うと、答えられない。     それ以前に、「辞書に登録した単語」と言っても、それが何であるかを理解できない。それは、シニアアドバイザーも同じ。     どのように登録し、どこで見られるかを説明して、やっとそういう機能があることを理解したようだ。     Apple のシニアアドバイザーでも、ユーザー単語を登録したことがない例があることを知って、驚いた。     日本語を iOS で書いたことがないのか?      
  3. こちらが、辞書が失われる懸念を持っていることを伝えたので、シニアアドバイザー氏が実際に「すべての設定をリセット」をやってみて、登録単語が消えないことを確認した。      
  4. こちらが少なくとも iPhone 4 でのバックアップを持っていることを確認し、「すべての設定をリセット」を実行させた。
        症状は変わらず。      
  5. 「キーボードの変換学習をリセット」を試させる

        登録単語を確保するため、iCloud には前日のバックアップがあったが、その時点のバックアップを iTunes に取らせた。
        実際にリセットしようとすると、確認画面で「キーボード上で入力したすべてのカスタムワードを削除し、キーボード辞書を工場出荷時のデフォルト状態に戻します。」という警告が出る。     これを見たら、登録単語も消えると思う人がほとんどではなかろうか?

    899026_619107794770063_2053610473_3

        ともかく、リセットを実行した。     その結果は警告の印象に反していた。    
            
    1. 登録単語は保存されていた       
    2. 症状はなくなった。つまり、予測変換候補には、最近確定した文字列が、候補として出てくるようになった    
        つまり、これが最短の解決法であった。

結果論

最短の解決法

今回の症状に対しては、「キーボードの変換学習をリセット」が解決法であった。
「キーボードの変換学習をリセット」により登録単語が消えないことを、サポートは知っているべきだし、警告はそのことがわかるように書き換えるべきである。

 

被害

     
  1. 以上のサポートに、およそ一時間半かかった      
  2. iOS の設定がほとんど消えた (たとえば、時計のアラームも)

Apple への要望

今回、シニアアドバイザー氏が知ったことを、共有して全サポートに反映して欲しいと伝えた。

 

シニアアドバイザー氏の対応

「問題を切り分ける」ために遠回りしたことを詫びた。 「すべての設定をリセット」が今回のケースでは有害無益だったことが、念頭にあったと思われる。 こちらが協力的であったことに感謝した。

« [さとなおさんの」ジンジャーエール | トップページ | smartphone は日本語以外で画期的だった »

iOS」カテゴリの記事

コメント

通りすがりのものですが、私も同じ症状になり、なかなか解決方法を見つけられず困っていました。
辞書のリセットを行ったところ、治りました。情報をありがとうございました!

ヨシダさん、どういたしまして。
iOS 6.1.x で始まったバグかも知れませんが、6.1.3 まで行ってもサポートに情報がないのは、困ったものですね。

多くの人が辞書に何も登録していないのか、今でも不思議です。

PC で見直したら、節の表題の表示位置が階層によってバラバラでした。
左にそろっているデザインに直しました。

少し前から、おかしいと思っていました。
「アイフォン5 漢字変換 学習機能」といれて検索したら、最初にここが出てきました^_^
学習変換のリセットで、すぐ直りました!
自力では恐くてリセットできなかったと思います。
本当にありがとうございました^_^

どういたしまして。
お役に立ってよかったです。

当方iPhone4で何ヶ月も不便してました。
本日時間が出来て検索したらこちらのページがヒットしました。
無事に解決しました!ありがとうございます(^-^)

どういたしまして。
でも、繰り返し起きるので、何週間かに一度またリセットしています。いずれは直る時が来るでしょうかねえ。

その後、登録単語への漢字変換ができなくなるという現象にも見舞われました。
これは、上記のリセットを一度試みても直らず、数回繰返してやっと抜け出せました。
iOS は現在 6.1.4 です。 iOS 7 では何らかの改善があるということであれば、喜び勇んで更新するのですが、さてどうなっているでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/50918062

この記事へのトラックバック一覧です: iOS の漢字変換辞書が学習しなくなった:

« [さとなおさんの」ジンジャーエール | トップページ | smartphone は日本語以外で画期的だった »