« 手打ち饂飩 | トップページ | 楽曲 »

2012/02/15

でシャンゼリゼ

元の down Waterloo Raod よりフランス語訳の方が有名な les Champs-Elysées
日本では「オー・シャンゼリゼ」という歌だと認識されている気がする。しかし、フランス語の題には前置詞の à は入っていない。それをわざわざ aux Champs-Elysées  と言われると、何か「シャンゼリゼ」の前に「で」と付けられたような気がする。「でーシャンゼリゼ」。

しかし、"aux" にせよ元の "down" にせよ、前置詞が強拍にあるのが不思議だ。私の世界ではアウフタクトに持って来そうな語だ。
歌の気持ちとしては、「でーシャンゼリゼ」が適訳なのだろうか。

ところで、Joe Dassin の Les Champs-Elysées がフランス語版の最初だと思っていたが、最初に挙げた Danièle Vidal のも 1970?  あれ? この二つの録音の関係は?

« 手打ち饂飩 | トップページ | 楽曲 »

音楽」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でシャンゼリゼ:

« 手打ち饂飩 | トップページ | 楽曲 »