« でシャンゼリゼ | トップページ | 蚕の飼育と鶏の孵卵 »

2012/02/29

楽曲

楽曲という言葉を初めて聞いたのは、15 年くらい前だったろうか。日本製の電気増幅音楽の世界の言葉だったように思う。辞書には

がっきょく(ガクキョク)【楽曲】
声楽曲・器楽曲・管弦楽曲などの総称。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

がっ‐きょく 〔ガク‐〕 【楽曲】
音楽の曲。声楽曲・器楽曲・管弦楽曲などの総称。
デジタル大辞泉

とあるが、それまでは、「曲」という表現にしか接したことがなかった。
辞書の説明は、「○○楽曲」を並べた言葉遊びのようにも見える。交響曲、協奏曲、独奏曲、合唱曲、歌曲はどうなのだ?

自分の日常語彙には他に「曲」と言うものがないので、紛れのないものをわざわざ長く言う意図が理解できなかったのだが、その後、無増幅音楽の世界でも「楽曲」という語を耳にするようになった。
元から使われていたのか、それとも増幅分野から輸入したのか、判別できない。「曲」と区別する必要を感じている人がいるのだろうか?

「曲」と言えばよいものを、わざわざ長く言い換えて虚勢を張っているように思えてならないのだ。

« でシャンゼリゼ | トップページ | 蚕の飼育と鶏の孵卵 »

音楽」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲:

« でシャンゼリゼ | トップページ | 蚕の飼育と鶏の孵卵 »