« 重音の音程 | トップページ | 転轍機のカンテラ »

2012/01/19

炬燵はどこへ

この冬は、暖房費が大変だという話をよく聞く。気温という意味で室温を上げるには、ヒートポンプの空調機が安上がりだろうと思う。しかし、空調は気流を起こすものだから、不快だというのはわかる。輻射暖房を好む人は多いだろう。経費の安い輻射暖房方式を思いつかないのだが。

ところで、日本の暖房の話題なのに、何故か炬燵の名前が出て来ない。局所暖房で安く上げるには、まず炬燵ではないだろうか。同じ電熱加熱器でも、広い空間に向って輻射するデロンギのものの話はよく出て来るが、狭い布団の中で閉じている炬燵とは、比較にならないだろうと思う。
炬燵は、どこへ行ってしまったのだろう?
あ、のだめには出て来たか。

« 重音の音程 | トップページ | 転轍機のカンテラ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炬燵はどこへ:

« 重音の音程 | トップページ | 転轍機のカンテラ »