« 弾かないで! | トップページ | 炬燵はどこへ »

2012/01/19

重音の音程

子供のバイオリン、半年ほど前から重音の音階の練習を始めていた。三度、六度、オクターブ。初めの内は、何の音を弾いているかわかればよいくらいで、音程については指摘しないでいた。レッスンでも指摘されることもなく。
しかし、発表会の曲でオクターブが気になりだし、音階練習でもオクターブだけは直そうと思ったのが十二月頃。年末に発表会が終って音階の練習を進めるようになって、ついにレッスンで音程を指摘されるに至った。
そこで今週は、重音一つずつ音程を直しながら進んだのだが、子供の方もだいぶ自覚が出てきたようだ。こちらは、たとえば A-Cis の重音を聴いて、A が高いとか Cis を少し上げるとか指摘するのだが、子供は子供。A を開放弦に合せて取り、それに Cis を合せようとしていた。こちらは前に弾いた音との相対的なことしか言えないので、信用できないと思ったのかも知れない。

ともかく、自分で音程を合せようという意識ができてくれれば、ありがたい。あとは自分で合せてくれるかと期待している。

« 弾かないで! | トップページ | 炬燵はどこへ »

音楽」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重音の音程:

« 弾かないで! | トップページ | 炬燵はどこへ »