« 病院の受診スケジューリング | トップページ | お友達 »

2012/01/16

スーパーの叩き売りコーナー

スーパーの叩き売りコーナーは面白い。

賞味期限近いものが出てくるのはどこも同じだが、まだ期限まで月日のあるものも出てくる。
先日は舶来のチョコレートが半額なので見たら、クリスマスのものだった。賞味期限は五月末、十一月に作ったものなのだろう。有難く買った。半額にまでしなくても売れそうなものだが、バレンタイン用の場所を作る必要があったのだろう。
「年始うどん」なるものがあることも、ここで知った。高級麺の売場など見に行かないが、叩き売りは一箇所に集まるので、普段見ない商品も目にすることになる。確かめなかったが、半月過ぎて売っているのだから、そう賞味期限の近いものでもなかったのだろう。

以上は比較的高級なスーパー。
安売りスーパーに行くと、潰れたりひっくり返った洋菓子も売っている。他の店では廃棄されそうなものも売っているのは見上げた心がけだが、価格設定に無理があるようで、売れ残っていた。

スーパーでは見ないのが、賞味期限を過ぎた食品。消費期限ではないのだからもっと安くして売ればよいと思うのだが、スーパーを名乗る店では見たことがない。
廃棄するより叩き売って欲しいと思うが、賞味期限の意味がわかっていない客が多いと思われているのだろうか。

« 病院の受診スケジューリング | トップページ | お友達 »

商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/43770389

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーの叩き売りコーナー:

« 病院の受診スケジューリング | トップページ | お友達 »