« 麻布の大名屋敷 | トップページ | 青焼き »

2011/08/24

駅の自動アナウンス

 駅に上りと下りの二線しかない場合に、一方が女声、他方が男声というところは多いと思う。
 子供によると、自宅の最寄駅と旅先の JR 駅ではそれが反対だったそうだ。正確には、1 番線が一方は男声で他方は女声だった。子供は、番線によって行先を判断しており、アナウンスの声でそれを確認しているらしい。旅先で、どちらに行くのかは自分で判断できていないが、これから乗る 2 番線の声が最寄駅と逆だったので、混乱したようだ。

 もっとも、最寄の私鉄は下りが 1 番線に決まっているが、JR では元々駅舎のあった方が 1 番線なので、番線によって決まっているのか、方面によって決まっているのかもわからないけれど。

« 麻布の大名屋敷 | トップページ | 青焼き »

ユーザインタフェース」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/41340376

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の自動アナウンス:

« 麻布の大名屋敷 | トップページ | 青焼き »