« 食べログ | トップページ | 入試の始まり »

2010/09/22

超絶技巧選手権

連休は桐朋音大で桐朋祭。20 日に超絶技巧選手権に行ってきた。
樫本大進が来ていた年もあったし前々から興味はあったのだが、今年は子供が行ってみたいというので初めて。

 【ドボルザークのスラブ舞曲】
 【バイオリン部門 サンサーンス 序奏とロンド・ カプリチオーソ】
 【チェロ部門 チャイコフスキー ロココの主題による変奏曲】
 そして、徳永二男先生指揮による、
 【ブラームス バイオリンとチェロのための二重協奏曲】
 を向山佳絵子先生、加藤知子先生に演奏していただきます!
 指揮は松村優吾さんです。

チェロ科出の友人に話したら、二重協奏曲も聴きたいのでぜひ行くということになった。

バイオリンとチェロと三人ずつ。学年を言わないので誰が高校生で誰が大学生だかわからないのだが、ギャラリー (会場は二つの校舎の間の屋外ステージなので、二階のベランダに鈴なりになっている) の盛り上がりようからすると、バイオリンの二人は高校生だった模様。一方、女性はチェロの一人のみだった。

大真面目な選手もいたが、専ら笑いを取るために趣向を凝らす選手も多い。バイオリンを膝の後ろに持って後手に弾いてみたり、白鳥の被り物をしてみたり。
そして、笑いを取る選手の技術が実はしっかりしていたりする。

オーケストラは、管楽器のミスが気になってしまったが、アンサンブルがしっかりしているところはさすがだった。独奏者が遊びまくっているだけに、下手なオケでは崩壊しそうだ。

選手の演奏が終ってブラームスを待っていたら、飛び入りで来たのが去年のハノーバーコンクールを取ったというバイオリニスト。
ラフな服だがすごく巧い。後で調べたら、コンクールの時点では 16 歳。しかし、とても高校生には見えなかった。

http://vivaviolin.blog37.fc2.com/blog-entry-1738.html
http://www.tohomusic.ac.jp/others/20091015_Hannover%20International%20ViolinCompetition.html
http://www.violin-competition.de/en/violinwettbewerb/

屋外であるだけにスピーカー付きの演奏会だったけれど、それでも巧い人はすごいと思えるものだ。
そして、子供も楽しめるイベントだった。

« 食べログ | トップページ | 入試の始まり »

音楽」カテゴリの記事

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超絶技巧選手権:

« 食べログ | トップページ | 入試の始まり »