« 実験放送の悲哀 | トップページ | デッキ »

2010/08/02

折り返し乗車を勧める乗換案内

NAVITIME の乗換案内で、八丁畷から横浜の検索をしてみたら、こんな結果が出た:

乗換:1回 所要時間:15分 運賃:350円

8:06発 八丁畷
↓京急本線 品川行
↓2分 130円
8:08着 京急川崎

8:12発 京急川崎
↓京急本線特急 京急久里浜行
↓9分 220円
8:21着 横浜

八丁畷から京急川崎は上り。京急川崎から横浜は下り。運賃計算は正しく往復を合算しているから、これは道義的には問題のない乗換経路だ。これは所要時間順のトップで、運賃順に並べ替えれば

乗換:0回 所要時間:21分 運賃:190円

8:05発 八丁畷
↓京急本線 新逗子行
↓21分 190円
8:26着 横浜

上の経路が一番に来るから、案内としては正しい。

しかし、最初の経路を見た利用者は、まず京急川崎で外に出ることなく下りのホームに向うだろう。それが違反行為であるということを明記もせずこういう経路を案内するのは、間違っていると思う。

もちろん、この案内が役に立つ人もいる。京急川崎から横浜の定期券を持っている人であれば、八丁畷から横浜へ最も速く行けるこの経路を教えてくれるのは、ありがたい機能だ。そう乗ることに問題もない。
この機能を、

 ・定期券で全経路をカバーしている
 ・乗換駅の京急川崎で一旦改札外に出ることも厭わない

人が選ぶオプションとして用意するのは、よいサービスだと思う。

同じようなケースは、一駅戻る (行き過ぎる) と急行や特急に乗れる駅では、頻繁に発生する。こういう折り返し乗車経路を案内するのが、NAVITIME のポリシーなのだろう。
折り返し乗車自体本質的な悪ではなく、それが所要時間最短ならば往復の運賃を徴収することなく積極的に案内すべきだと、私自身は思う。
しかし、鉄道会社がそれを認めていない現状で、そのような事情を知らない人が最初に目にするのがこのような経路というのは、まずいだろう。

« 実験放送の悲哀 | トップページ | デッキ »

ユーザインタフェース」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/35994561

この記事へのトラックバック一覧です: 折り返し乗車を勧める乗換案内:

« 実験放送の悲哀 | トップページ | デッキ »