« 供用が始まる | トップページ | 笑顔泥棒さんに撮ってもらう »

2009/12/11

烏口

工学部を出たので、専門が電気でも製図は必修だった。三十年ほど前、まだ CAD という言葉は一般的でなく、一部のクラスが「コンピュータ製図」の試行対象になっていたが、私のクラスは昔ながらの製図実習だった。

それまで、烏口というのは漫画を描くための道具と認識していたのだが、私のクラスでは烏口を使うことが要求された。wikipedia にはインクとあるが、墨を磨っていたように思う。あるいは記憶違いか?
他の製図のクラスでは「ロットリング」と固有名詞で呼ばれる万年筆が一般的で、入学祝に頂いたセットがあったのだが、日の目を見ることはなかった。
その製図の先生は、線の最後まで平行な (太さ一定な) 線の引ける烏口を使って、線の外側も内側もきちんと直角になった作図をすることを、重視されていたのだ。
先生が期待されるレベルの直角が描けるようになったとは思わないし、その後製図に活用することもなかったけれど。

当時は「コンピュータ製図」クラスになれなかったことを恨めしく思ったが、このごく単純な構造 (しかし、一万円の精密な品を買ったような気がする) の道具を使うことができたのは、よい経験であった。
私が専門課程にいる間に、その先生の訃報に接した。あの頑固な先生が早逝されたことを、残念に思う。

どの分野であれ、今でも烏口を使っている頑固な方がいらっしゃるだろうか?

« 供用が始まる | トップページ | 笑顔泥棒さんに撮ってもらう »

歴史」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏口:

« 供用が始まる | トップページ | 笑顔泥棒さんに撮ってもらう »