« パッチョ? | トップページ | 被爆者手記 »

2009/08/05

庚申塔

K1

普段通らない道を通ったら、傍らに庚申塔があった。

都電の庚申塚停留所   (「駅」だそうだ。電停はもはや死語か...) は知っているが、こんな身近に庚申塔があるとは思わなかった。どうやら、農業用水の橋のたもとに立っていたらしい。ここから遊歩道があるのだが、暗渠 (あんきょ。これも死語か?) となった用水なのだろう。

Wikipedia を読んでいたら、道教にまつわる話がいろいろ出てきて面白い。猿田彦も、庚申の祭神なのか。三尸虫というのを見てみたい。七夕も道教が関係するようだ。

« パッチョ? | トップページ | 被爆者手記 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

1962年に,ここに寮ができました。私は最初の入寮生でした。ここから都電に乗り、飛鳥山で乗換えて、本郷まで都電で通いました。
寮の食堂に古いピアノがあり、弾いたのを覚えています。
 K.A.

K.A. さん、東大の寮ですね? 駒場の構内に寮があるのは知っていましたが、本郷の寮はここにあるのですか。
食堂にピアノとは粋ですね。調律する予算もあったのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庚申塔:

« パッチョ? | トップページ | 被爆者手記 »