« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の21件の記事

2009/08/31

百町森とラビリンスゲーム

百町森のメールマガジンでみつけたのだが、子供の頃、隣に住む従兄姉が持っていた、迷路ゲーム。brio のものだったようだ。ずいぶん遊ばせてもらった上に、彼らが引越す時にもらった。たぶん実家にあるのではないかと思うが、百町森の修理ページに出てきて懐かしかった。修理写真の 8. にある糸が切れていることは、ほぼ確実なのだが...

これは、伯父の欧州土産だったが、

中国生産になって、価格が劇的に安くなりました。お買い得ですホント!

という。

5250 円だ。これはまた自分でも遊びたい。

2009/08/30

friendfeed

Twitter をアクティブに使い始めているのだが、この記事を教えられて、friendfeed を使い始めた。とても便利。
Twitter との間はほとんど継目がないし、今まで RSS reader で読んでいた blog を全部ひっくるめて、グループ分けして読める。

Twitter に利用登録したら、すぐに friendfeed にも登録 (Twitter の ID をそのまま持って行ける) するのがよいと思う。

2009/08/28

神戸楽譜

Sheetmusic Plus  を習ったので色褪せたが、神戸楽譜はこの十数年、簡単に安く輸入楽譜を買える店として重宝していた。通販しか使ったことがないが、ヤマハや学生時代にはよく通ったアカデミアとの価格差は、どこから来ていたのだろうかと思う。

K1

K2

懐かしい紐掛けの小包。郵便局も、鉤で引っ掛けて荷物を抛る時代ではないので、紐をかける意味はなくなっていると思うが、この末端処理には年期を感じる。

2009/08/21

迷惑メール振分けサービス

プロバイダにぷららを使っているのだが、

 『迷惑メール振分けサービス』
 迷惑メールフォルダへの迷惑メール格納の
 お知らせ

というメールが来る。これを通知してくれない gmail よりはよいサービスである。
ところが、web mail で見ても、迷惑フォルダは空である。 説明には

    迷惑メールフォルダの保存期間は『2週間』です。保存期間を過ぎると、自動的に廃棄されます。

とあるが、その二週間には程遠い、数時間以内に確認している。それも、ここ数回何度も繰り返されている。

問い合わせてみたら、返事はこんなものだった。信じ難い仕様だ。

「迷惑メールフォルダへのメール格納のお知らせ」についてご案内させていただきます。

「迷惑メールフォルダへの迷惑メール格納のお知らせ」のメールは過去2週間以内にジャンクボックスにメールが1通でも格納された場合に、週1度通知しています。

  ※例えば8月10日に迷惑メールが格納されたとすると、以下のように17日と24日に格納通知メールが送信されます。

  例)
   8月10日   :迷惑メール(A)を迷惑メールフォルダに格納
  8月10+7日  :(A) の格納通知メール送信 (X)
  8月10+14日  :(A) の格納通知メール送信 (Y)

このため、お客様による操作で「迷惑メールフォルダ」内のメール削除後であっても、格納通知メールが送信されるケースがございます。

また「迷惑メールフォルダ」を確認するタイミングによっては、「迷惑メ
ールフォルダ」内のメールが保存期間(2週間)をすぎたことにより、自
動削除されている場合も考えられます。

  ※「迷惑メールフォルダ」内のメール保存期間は2週間となっており
   期間を経過したメールは自動的に削除されます。

以上の次第となりますので、お手数おかけいたしますが、「迷惑メールフォルダへのメール格納のお知らせ」の有無に限らず、定期的(2週間以内)に「迷惑メールフォルダ」内をご覧くださいましたら幸いです。

大量の SPAM に辟易している利用者のことも考えたら、

  1. SPAM メールを格納する時に、元々 junk folder が空だったら通知する。その時、格納されたメールに「通知済み」のマークを付け、通知時点を記録する。
  2. 1. の通知から一週間以内に SPAM が来た時、junk folder に通知済みのメールがあれば、通知しないで格納する。新たに格納したメールにはマークしない。
  3. 1. の通知から一週間経った時点で、未通知の SPAM メールが junk folder にあったら、再度通知メールを送る

のような処理でよいのではないか?

どうして、

  1. 最初に振り分けられた時に通知し、タイマーをスタートさせる
  2. 迷惑メールフォルダが空になったらタイマーを止めて元に戻る
  3. タイマーが一週間になったらまたチェックし、空でなければ通知する

とできないのだろう。いや、

2009/08/20

位置ゲーム

先月からコロプラという位置ゲームを始めて、今も続けている。
携帯電話の GPS 機能を使った

位置情報を利用したコミュニケーション系シミュレーションゲーム

ということになる。市場の取引もあるが、他の参加者との深いコミュニケーションがある訳ではない。
通信費 (パケット定額制でないと、大変そうだ) を除いては無料なので、運用Blog にあるような事故もあるが、このゲームを始めてから、電車で出かけるのに、ちょっと遠回りしてみようと思ったり、乗ったことのない線に行ってみようと思うようになった。出張が多い人は、それが苦にならなくなった、むしろ楽しみになったという話も聞く。

参加者で話題を共有したい人は、twitter で話をしている。 #colopl というハッシュタグが、コロプラの話題の印。twitter をお使いの方は、覗いてみると様子がわかるかも知れない。

一つ微妙なのが、紹介制度。新しい参加者を紹介すると、かなり大きな紹介メリットがある。新たに始めてみようという方は、既参加者に紹介してもらうと、見返りに何かもらえるかも。

2009/08/16

1600 年のチェロと 1862 年のチェロ

先年、吉祥寺に行く機会があり、弦楽器店「シャコンヌ」で、チェロを試奏してきた。

1600 年頃製という、とても古いチェロ (この頃は、まだ楽器のサイズが安定しておらず、現代のチェロより大きいものだったので、後年サイズダウンしてある) も弾かせてもらうことができた (価格は非表示)。が、一番よかったのは、Enrico Ceruti の 1862 作の楽器であった。一千万円也。

「比較のため」という趣旨で、原則としてどの楽器にも同じ弦が張ってあり、A が Jargar、D, G, C が Spirocore だったのだが、この組み合わせでは、イタリアの新作楽器 (二百万クラス) でも、A 線がくすんでしまう。昔渋谷にあった (今は仙川にあるらしい) ユニオンストリングスで新作楽器を弾いた時には、A 線が攻撃的で馴染めない印象を持ったのだが、こういう印象は弦を変えるだけで大きく歪んでしまうのを実感した。楽器を選ぶのは難しい。

それにしても、ちょっと古い楽器でも、店で買うとものすごく高くなってしまう。個人間で入手できればよいのだが。

それにしても、関ヶ原の頃の楽器が現存するというのは、ありがたいことだ。

続きを読む "1600 年のチェロと 1862 年のチェロ" »

2009/08/15

web 百科辞典

ネットで百科@Home  という、平凡社の『世界大百科事典』を含むサービスをみつけた。
年間契約で 5040 円。一回六時間までの単発利用で 100 円。悩ましい価格設定である。

携帯電話で使える学研の百科辞典は月額 105 円だから、その四倍の額を出す価値があるかどうか。PC サイトビューワの付いた携帯電話を持ったら、価値があるかも知れない.... 次に必要を感じた時に、単発利用をしてみるか。

2009/08/14

多焦点眼鏡 / コンタクトレンズ

私は 40 歳の時に多焦点眼鏡を始めた。遠近の差が小さい時から始めた方が慣れやすい、という視能訓練士 (ORT) の意見を採用したからだ。
彼によると、35 歳では、遠近の差が 0.5 ジオプトリー、40 歳で 1.0、45 歳で 1.5 というのが、標準的だそうだ。私は現在、1.0 ジオプトリー差の多焦点レンズをかけている。

そこの眼科医は、45 歳で多焦点レンズを始めて、あんまり気持ちが悪い (酔ったようになるらしい) ので断念しようかと思ったそうだ。私は、差が小さいので始めたので、ほとんど違和感なしに入ることができた。

さて、元々近眼だし多焦点レンズを使っていたので、老眼を意識する機会がほとんどないのだが、水泳とスキーのために持っているコンタクトレンズを使うと、調節が全部自分の眼にかかってくるので、急に自覚させられることになる。先日プールに入るので一年ぶりにコンタクトレンズ (一日用) を使ったら、パンフレットの文字を読むのに窮した。一年分の変化を一気に感じた訳だ。
一方、たまにしか使わないと、レンズを眼に入れるのにも苦労する。この夏最初の機会には、片目はすんなり入ったものの、反対側で十五分くらい格闘する羽目になった。三度目になって、ようやく数回のトライで入るようになったが、まだ不安が残る。

続きを読む "多焦点眼鏡 / コンタクトレンズ" »

2009/08/13

杖を突く側

整形外科の医師が書いていたことだが、片方の脚を悪くした時、杖をどちらに突くのがよいか、ご存知だろうか?

正解は、痛くない脚の側に突く、である。ところが、街中で観察すると、逆に突いている例が非常に多いそうだ。的確な指導が行われていない。
正しく杖を使う

なぜそちらに突くかと言うと、杖は、痛い脚に体重がかからないようにするためのものだからだそうだ。私には直感的でなかったのだが、痛い側に突くと、杖と痛くない脚を一緒に動かしてしまうことになり、痛い脚で体重を支える瞬間が生じるのだろう。

この他にも、長さ、持ち方など、気を配る必要があるのに軽視されていることがあるそうだ。お近くに杖をお使いの方があったら、気を付けて見てあげて下さい。

2009/08/12

キメラ

近所のお宅にあった、二色咲きの樹二本。桜だったと思うが、土曜のことで記憶があやふや (^_^;)

何か適切な言葉があるのだろうが、私の語彙にあるのは、キメラのみ

Photo_diary_76_16_115387616_158

Photo_diary_76_16_115387616_61


2009/08/11

玉川上水

明大前では、京王線の下を井の頭線が潜っているわけだが、玉川上水も一緒に潜ることになる。それが邪魔だったようで、暗渠の上水を、この部分だけパイプで持ち上げてあった。

下流側でパイプから暗渠に戻るところ。

Photo_diary_25_59_126172559_205

井の頭線と上を越えるパイプ

Photo_diary_25_59_126172559_207

暗渠の上の公園の遊具。水車が上水にあったろうか…?

Photo_diary_25_59_126172559_173



2009/08/10

アイス

「アイス」という言葉は、アイスミルクなのかラクトアイスなのか、はたまた氷菓なのかをぼかすための表現だと思っていたら、アイスクリームなのに「あいす」を名乗る店があった…
謙虚な…

Photo_diary_1_2_174360102_2

2009/08/09

飛行機の幼児ベルト

先年飛行機に乗ったときに驚いた。三歳未満の子供は膝の上に乗せられるのだが、

「お父さんがベルトを締めて、お子さんを膝の上でしっかり抱いて下さい」

ベルトが必要な時に、手で支えられるとは限らないではないか! 衝突時にベルトが意味を持つ自動車とは違って、飛行機のベルトが現実的に意味を持つのは乱気流で体が浮く時くらいだと思うが、その時に親が起きている保証はない。

それで、航空会社のサイトに行って安全策をリクエストしたのだが、こんな回答であった。
回答が充分早かったことは評価するが...

-----------------------------------------------------
平素より弊社便をご利用頂きましてありがとうございます。

この度は、お子様とのご搭乗に際しまして、
ご意見を頂戴することとなり、誠に恐縮に存じます。

弊社と致しましても、一部の航空会社において
お子様用のコネクトベルトを採用していることは
認識致しておりますものの、一方で米国航空局(FAA)が
当該ベルトを用いて安全性の検証を行なった中で
安全性を十分に確保できるとの判断に至らず、
米国では現在当該ベルトの離着陸時の使用を禁止している状況で
ございます。

日本国内においてはお膝に抱かれるお子様用の
ベルトに関する基準はございませんが、弊社では
米国の状況や他の航空会社での状況を勘案した結果
当該ベルトのご使用をお断り致しており、
お子様は大人の方がお子様をお膝の上でしっかりと抱きかかえて頂くか、
チャイルドシートをご利用頂くことにより、
お子様の安全が確保されるものと認識致しておりますこと、
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

なお、今般頂戴致しましたご意見は、お客様からの大切なお声として
担当部署に申し伝えて参る所存でございます。

弊社と致しましては、安全運航の堅持はもとより、
お客様からのご意見を伺いながら、サービス向上に
努めて参りますので、変わらぬご愛顧を頂きますよう
お願い申し上げます。
-----------------------------------------------------

> 当該ベルトを用いて安全性の検証を行なった中で
> 安全性を十分に確保できるとの判断に至らず、
> 米国では現在当該ベルトの離着陸時の使用を禁止している状況で
> ございます。

それはわかる。車の衝突のような場合に、ベルトや可搬型チャイルドシート (安全ベスト) が危険だというのは実験的に判断できるだろう。

しかし、それは飛行機が地上にいる間だけのことだ。空中でのベルトの機能は身体をシートにくくりつけておくことで、衝撃がかかるような状況では、助かることを期待するほうが無理である。FAA の禁止だって、「離着陸時」と明記しているではないか。飛行中を禁止している訳ではない。

チャイルドシートの話は国際線のページにあるが、

> チャイルドシートの貸し出しは行っておりませんので、ご自身で日本(MLIT)、米国(FMVSS)、欧州(ECE R44)承認のチャイルドシートをお持ち込みいただきますようお願い申し上げます。
> この場合、座席予約を必要とし、小児運賃をいただきます。

それは自分のシートがあった方が安全だろう。しかし、発生確率も考えた場合に飛行機で第一に必要な対策は、乱気流で跳ばされないようにすることではないか?

2009/08/08

高圧電流

7/30 の京葉線の事故で、

近くを走行する車両から異常な高圧電流が出て変電所のブレーカーがショートした可能性が高い

という報道を聞いた。虫酸が走る。
高圧電流って、何だろう? 大電流を抵抗に通したら、その両端に高圧が発生するだろうが、電流の属性に電圧はないだろう。

そう思って探したら、さすがに虫酸が走る人は多いようで、こんなブログがあった:

でも、虫酸が走る人は報道の現場にはいないものらしい。いや、それとも、JR も都交通局も、そういう言葉を使って説明していたのだろうか? 

そう言えば、有刺鉄線に高圧電流が流れているという表現もあった。しかし、高圧が発生するように抵抗に大電流を流していたら、抵抗は発熱し電気代がかかって大変そうだ。有刺鉄線は、絶縁しておいて高電圧をかけ、常時は電流が流れず、招かれざる客が地面との間を短絡した時にだけ大電流が流れるよう、設計してあるのではなかろうか?

2009/08/07

FOSTEX FE103

学生の頃に買った、FOSTEX FE103 を使ったスピーカーキット。スピーカーと、同形のコーンだけ (コイルがなく自分では鳴らない) のものが、一つの箱に入っている。 
子供が過入力で壊してしまったので、ふと思い立って探してみたら、四半世紀を経ても FE103E   という後継機が売っていた。 
それを買ってきて入れ替えた。 

F

色は違うけれども、また聴けるようになった。
息の長い製品は、ありがたい。

2009/08/06

被爆者手記

広島忌に。

A1

A2

大叔父は終戦時広島の銀行員だった。投下時には市内にいなかったが、救出のために支店へ行き、そこで残留放射能に曝されて被爆者となった。十数年前まで生き延びたが、その時の体験を手書きで記録して複製を親戚に配ったものが家にもある。

全文はこちらに: http://photos.yahoo.co.jp/ph/kumami_takehiko/lst?.dir=/511d

2009/08/05

庚申塔

K1

普段通らない道を通ったら、傍らに庚申塔があった。

都電の庚申塚停留所   (「駅」だそうだ。電停はもはや死語か...) は知っているが、こんな身近に庚申塔があるとは思わなかった。どうやら、農業用水の橋のたもとに立っていたらしい。ここから遊歩道があるのだが、暗渠 (あんきょ。これも死語か?) となった用水なのだろう。

Wikipedia を読んでいたら、道教にまつわる話がいろいろ出てきて面白い。猿田彦も、庚申の祭神なのか。三尸虫というのを見てみたい。七夕も道教が関係するようだ。

2009/08/04

パッチョ?

出先で時間がないので、Vie de France で速飯。サンドイッチの選択肢は、卵と芋だけ。

P

ドレッシングはたくさんあったので全部を見ていないが、バジルの入った「パッチョ」というのを取る。これは何だろう?

2009/08/03

楽器屋の看板娘

私は行ったことがない店なのだが、友人のブログでピンと来て、その店のサイトを調べてみたら、いた。
ゴーシュ弦楽器のサリーちゃん

2009/08/02

三門

某宗派の本山にて。

S1

S2

S3

中の写真は屋根が見えないと思うが、夜の三門。仁王様は、一日中見ておられる。

2009/08/01

ホームの階段

通勤に使うローカル線のホーム。今は跨線橋があるが、元は構内踏切があったのだろう、ホームの端にはまだ階段が残っていた。

Photo_diary_32_98_175013298_158

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »