« 旧東海道 | トップページ | 児童館で琴とアンサンブル »

2009/07/01

助産院の話

専門家の友人から、助産院の 2 ちゃんねる情報をもらった。 検索すれば元のスレッドを見られると思うが、調べているひとの検索にかかりやすいように転載しておく。

--ここから--
<警告>助産婦・助産院における自然分娩の実態
1 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/01/11 21:31 ID:X06dSaqJ

病院・医師版にこんな投書がありました

産婦人科医 :02/01/10 22:13 ID:sUCdXP32
大学病院に勤務する産婦人科医です。 医師でも産科以外だとほとんど接点のな
い、助産院の実態について書かせてください。

助産院の院長は助産婦がなれますが、顧問となる医師が必要です。 しかし産婦
人科医である必要はなく、整形やら公衆衛生やら、80代の引退医師が名義貸し
感覚で顧問をしているところもあります。 まともな産科医(特に40代以下)
は、まず顧問なんて引き受けません。(私も絶対拒否します) だって自分が外
来で診ている患者ならともかく、わずかな顧問料でよその助産院の見知らぬ患者
のいつおこるかわからない母体大量出血や新生児仮死の責任なんてとりたくあり
ませんからね。 うちの病院は一切そういう顧問はしていないのですが、周産期
センターの悲しさ、送られる患者は空床のあるかぎりとらなければなりません。


たとえば、助産婦は会陰切開ができません(医療行為ですので)。 「熟練した
助産婦が時間をかけて保護すれば、機械的な会陰切開は必要ないし産後の回復も
早い」などとマスコミでは紹介されたりします。 でも切開なしだと、初産婦の
約10%は会陰裂傷になるでしょうし、「裂傷を作ったことがない」という助産
婦はうそつきか単なる未熟者でしょう。 そして、助産婦は縫合ができません。
そういう場合はクレンメという、安全ピン状の金具で裂けた部位を留めて創傷治
癒をまつのです。 患者は股に安全ピンを何個もぶら下げた状態で、1週間すご
さなければなりません。 とうぜん、中縫いやドレーンを置いた外科的縫合に比
べて、血腫や感染の頻度は高く、手におえなくなってうちの病院に送られてきた
りします。 (そういう患者は「自然は一番、薬は不健康」と、しっかり洗脳さ
れてるので、抗生剤の点滴一つするのに大騒ぎになり、苦労します)

分娩時には点滴もとりません。 ふだんから点滴をとらない助産婦が、大量出血
時のhypovolemia患者の点滴などとれるはずもなく、分娩時2000ml出血の症
例を点滴もとらないまま救急車で送りつけてきたりします。

と言うわけで、私が声を大にして言いたいのは

患者さんへ:助産院分娩は病院分娩より危険です(バイクは自動車より危険なよ
うに)、そのことを承知した上で助産院を選択してください。
マスコミへ:助産院や自宅分娩の記事を書く際には、助産婦や上手くいったお母
さんだけでなく、上手く行かなかった症例の尻拭いをしている付近の大病院も必
ず取材してください。 絶対「いざというときは提携病院に送ってもらえるから
安全」なんて書かないでください、事実ではありませんから。 (だいたい、後
から送るだけでどんな分娩も対応できるなら、周産期センターなど建てる意味な
いじゃない) 長文失礼しました
--ここまで--

別の友人は、

私は、出産は、産婦人科、小児科、麻酔科の揃った総合病院で、を条件に選びました。
出産時の急変はかなり危険を伴います。
緊急帝王切開は、麻酔科医が一番緊張する手術のひとつです。

と言っていた。子供は総合病院で生まれた。何事もなかったケースではあったが、あらためて胸をなでおろした。

« 旧東海道 | トップページ | 児童館で琴とアンサンブル »

医療」カテゴリの記事

コメント

助産院は危険です。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/09/images/s0905-7f1.gif

50年前、分娩場所が助産所や自宅から、病院や産婦人科医院(診療所)に代わり、母体死亡率が激減してます。

半世紀前に戻るのか????

beauty さん、興味深いグラフありがとうございます。妊産婦死亡率が95%に見えますが、そこは縦軸が違うのでしょうね。
さすがにこれが主流になることはないのでしょうが、出産に関してまだいろいろな問題が明らかになって来ましたね。

<<<助産院は安全? いや危険です>>>

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/09/images/s0905-7f1.gif

50年前、分娩場所が助産所や自宅から、病院や産婦人科医院(診療所)に代わり、母体死亡率が激減してます。

半世紀前に戻るのか????

<<<助産院は安全? いや危険です>>>

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/09/images/s0905-7f1.gif

50年前、分娩場所が助産所や自宅から、病院や産婦人科医院(診療所)に代わり、母体死亡率が激減してます。

半世紀前に戻るのか????

九州の女性医師より

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助産院の話:

« 旧東海道 | トップページ | 児童館で琴とアンサンブル »