« ワイオリン | トップページ | 哀れ津和野 »

2009/06/06

高密度電池?

携帯電話は、2007/9 に最初の UIM 機 (赤 W53SA) を買い、次をどうするか迷ったが、KCP+  にまだまだ課題がありそうなので、2008/9 に旧世代の KCP 機の売れ残り (白 W62SA) を買って寝かせておいた。

M


W53SA の電池が消耗してきたと感じたので春から W62SA を主に使っているが、どうもあまり電池が改善された気がしない。蓋を開けて比べてみると、電池の厚みは多少増えたもののずいぶんコンパクトになっていた。体積あたりの容量はずいぶん大きくなっているのだろうが、容量の絶対量がわずかではあるが減っている (900mA 時 -> 870) のは、納得し難い。この二機種は旧鳥取三洋の最後の二つなのだが、どうも最終機種の W62SA より W53SA の方が優れているように感ずる。どちらも防水であるところが大きなメリットで、プラットフォーム問題を別にしても、現行機種に買い換えたいものはないのだが。

« ワイオリン | トップページ | 哀れ津和野 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高密度電池?:

« ワイオリン | トップページ | 哀れ津和野 »