« マルグリット | トップページ | 外国語教育 »

2009/05/28

スポーツ

子供の時に日本であったオリンピックは興奮して見たが、その後スポーツの勝敗に興味をなくした。個人を単位とした競技会ならともかく、国別に競技することにどんな意義があるのか疑問に思っている。

国同士の感情的対立があるとき、スポーツでは負けるっていう方が国益にかなう面もあると思うのです。

対立の有無によらず、国が対抗して勝敗を決めることに、害しか思いつけない。
自動車競技に明るい訳ではないが、エンジンと車体と運転手が別々の国から集まって一つのチームを作るという F1 の仕組を知った時、国の枠を越えていて安心して見られると思った。

« マルグリット | トップページ | 外国語教育 »

スポーツ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ:

« マルグリット | トップページ | 外国語教育 »