« ル・レガル・トワ | トップページ | パリ 4 区 »

2009/05/15

「新型」インフルエンザ

当初、なぜ「豚」の名称を使ったのか

「豚」に問題があるのもわかるが、「新型」というのもずいぶんひどい名前だと思う。仮にスペイン風邪を「新型」と呼んでいたら、91 年後の今、どう識別したらよいというのだ。もちろん、「スペイン」という名前は、相当に恣意的なものだった訳だけれど。

今回のインフルエンザが今年「発生した」と言ったら、たぶん正しくないのだろう。でも、2009 年に「流行した (する)」ことには間違いないのではないだろうか。ならば、「2009 年インフルエンザ」と呼ぶことに何か問題があるのだろうか? もちろん、「2009 年インフルエンザ」に第二第三の種類が表れる可能性はあるけれども、それらを番号を付けて区別することは、そう難しくないように思うのだが。
この命名の難点は、年末に流行が始まってピークが明らかに翌年にある場合だけれど、それはありのままに「X~X+1 年インフルエンザ」と呼べばよさそうに思う。スペイン風邪は、「1918-1919 年インフルエンザ」でよかったのではなかろうか? 

« ル・レガル・トワ | トップページ | パリ 4 区 »

言葉」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新型」インフルエンザ:

« ル・レガル・トワ | トップページ | パリ 4 区 »