« 京王線 | トップページ | 快速 »

2009/04/09

き電

「き電」という学術用語がある。電車に電力を供給する (feed) ことで、学会でも鉄道総研のような組織でも、混ぜ書きをしている。
 漢字廃止論を確信してやっているのなら、仕方がない。しかし、「常用漢字にない難しい漢字」というだけの理由で混ぜ書きにするのは、あまりに浅薄ではないか。

この言葉、元は「饋電」と書いた。字がわかれば、「饋」の意味は「贈る」、用例に「饋薦 (= 食物をすすめる)」と知ることができる。しかし、「き電」と書かれては、手も足も出ない。

鉄道総研などは、上に引いたように今でも混ぜ書きをしているが、学会の圧力に負けずAT饋電方式AT饋電法などに元の字が使われているのは、心強いことだと思っている。

漢字狩りで、字を勝手に別のものに置き換えてしまう罪も、大きいと思う。「交差点」と書いて不思議に思わない人が大多数ではないだろうか。「交叉点」だった言葉を、「叉」が使いたくなかったので、交わる意味がない「差」に置き換えてしまったのだ。非道。
鉄道分野では、「轍叉」という、見ればわだちが交わるという意味が明確な言葉が、「てっさ」という平仮名書きにされてしまった例もある。この分野には、「轍査」 (轍を検出する) という別の言葉もあるのだが、こちらは「てっ査」。表記に差があるというだけで、資料は全く判じ物。最初は二つの別の単語が出てきているに気付かず、首をひねった。

« 京王線 | トップページ | 快速 »

交通」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164779/29023757

この記事へのトラックバック一覧です: き電:

« 京王線 | トップページ | 快速 »